通用しなくなった旧来の情報流通の常識--『キュレーションの時代』を書いた佐々木俊尚氏(ITジャーナリスト)に聞く


──人と人との「つながり」が大事になります。

私自身のもともとの関心事は、リアルな人間社会とITやインターネットとが接触する場所で、何が起きているのか、だった。リアルな人間社会から見ると遠く小さかったその場所が近づき、2010~11年の段階で、ついにツイッターやフェイスブックなどがリアル社会を補完するようになった。このソーシャルメディアは、むしろリアル社会を侵食し始めたといってもいい。

──一元的な情報流通の役割はもはや終わりましたか。

インターネットの発達は、マスメディア的な一元的情報流通を終わらせた。同じような情報を求めている人たちを情報ビオトープと呼んでいるが、それがどんどん細分化されると同時に、無数に出現している。そのビオトープの圏域に、マスメディアが「これはいいものだ」と何かを提示しても、一率には受け入れられなくなった。その圏域に、さまざまな「口コミ」や「つぶやき」をする人がいて、キュレーターがそれに新たな意味や位置づけを与えて整理する。キュレーターが優位性を持つ。

消費でいえば、ブランドなど社会的な価値で自分を表現しようとする「記号消費」が終わりを告げ、機能を重視しつつ、複数の人が同時に買ったり、サービスを受けたりしてつながりを感じる「つながり消費」にシフトするようになった。全体として見れば、これはまだ社会の基底を流れる「背景放射」だが、消費生活のあり方自体も変えつつある。

──旧来の情報流通の常識がなぜ通用しなくなったのですか。

新しい情報流通を鳥瞰すると、次のような方向で動いている。

世界の情報を流通させる巨大なソーシャルメディアプラットフォームができている。その上に無数の情報ビオトープが形成された。それに接続し、視座を提供するキュレーターが出現している。そのキュレーターにチェックインして情報を受け取るフォロワーが、それぞれ無数の小規模モジュールとなって存在する。しかも、その関係はつねに組み替えられ、新鮮な情報が外部からもたらされる。そういう「生態系」が誕生しているのだ。このような世界では旧来の常識は通用しなくなる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT