統合失調症×うつの夫婦が漫画で描く人生の希望 生きづらさを抱えた2人がどう出会い、結婚したか

拡大
縮小

コギ丸さんは、どのような動機で今回の本を出版しようと思ったのだろうか?

「漫画を描くことで、人を救う活動がしたいと思いました。

統合失調症の本ってイメージが悪い本が多いんです。“統失”という略し方にも悪意を感じます。

病気を犯罪と結びつけたり。読んでも病気が怖くなったりするだけの本が多いです。

そうじゃなくて、

『こんな症状があったけど、治療を受けてやりすごしてます』

などポジティブな情報を伝えて、読者の人が、

『この人がこういう風にがんばっているなら、私でもがんばれるかも?』

と思える本にしたかったんです。

同じ病気でも千差万別の症状が出ます。私の本に載っているのはもちろん一例です。でも症状の話だけではなく、

『闘病はきついけど、でも楽しく生きているよ』

というのが伝えたいと思いました。

『この人が、こんな酷い状況になのにがんばれているなら、私もがんばれるかも?』

と楽天的に考えてもらえたらうれしいです」

(漫画:『夫婦でビョーキですが、幸せになってもいいですか?』(ビジネス社))

自覚して対処法がわかればずっと楽になる

実際に自分が病気ではなくても、家族が病気である場合もある。そして本人も家族も病気だと気づいていない場合もある。

「もちろん私たちの症状は数ある病気の中の一例なんですが、参考になるケースは多いと思います。現に、統合失調症の症状をツイッターに投稿したところ、

『これって統合失調症の症状だったんだ!!』

『昔は見えていたけど、最近は見えなくなったな』

など、さまざまな感想のリプライがつきました。精神病でも発達障害でも、自覚してしまえば対処法がわかります。対処法がわかれば生きていくのがずっと楽になります。もし気になることがあったら、一度病院に行ってみてもらいたいですね」

今後、続編を出す予定はあるのだろうか?

「現在、ネタをいろいろ集めています。

最近、私、糖尿病になってしまったんです。だから痩せなければいけなくて……。

『闘病しながらダイエットする』をテーマに描けないか? なんて考えています。同じ悩みを抱えてる人も多いと思うんですよね」

平均寿命は伸びて100歳時代などと言われているが、最期まで病気にならない人はほんの一握りだ。

「もし病気になっても、絶望せずに楽しく生きていこう」

と思えることが大事なのだと思った。

村田 らむ ライター、漫画家、カメラマン、イラストレーター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

むらた らむ / Ramu Murata

1972年生まれ。キャリアは20年超。ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教組織、富士の樹海などへの潜入取材を得意としている。著書に『ホームレス大博覧会』(鹿砦社)、『ホームレス大図鑑』(竹書房)など。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT