新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ300

15年最新版「新卒3年後定着率」を読み解く

他に今仙電機製作所85人(男性71人、女性14人)、ニチレイ71人(男性58人、女性13人)、シスメックス68人(男性44人、女性24人)、三陽商会53人(男性16人、女性37人)、カシオ計算機52人(男性37人、女性15人)、国際石油開発帝石51人(男性41人、女性10人)などの人数が多かった。

定着率が低いといわれる小売業は1位サンデー13人(男性7人、女性6人全員在籍)、221位エイチ・ツー・オー リテイリング95.5%(男性14人全員在籍、女性8人→7人)、242位ジュンテンドー94.7%(男性14人全員在籍、女性5人→4人)の3社がランクインした。

続いて100%未満のランキングも見ていこう。

次ページ続いて117~150位!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。