相談相手は「お母さん」という若者が増える真因 友達と安定した関係を築けないZ世代の憂鬱

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小
在宅勤務で働く若い女性のイラスト
( イラスト 岡田航也)
相談相手は「お母さん」という若者が増えている。背景には、友達とは本音で話せない、相談はできないという若者の増加がある。なぜ友達に相談ができないのか? 特集「1億『総孤独』社会」では、あらゆる世代の孤独と孤立に迫った(一覧はこちら)。

みずほフィナンシャルグループの関連企業でシステムエンジニアとして働く浩さん(25歳、仮名)は、入社1年目で不眠やうつ状態に悩まされるようになり、抗うつ薬を服用し続けている。

浩さんが入社したのは新型コロナウイルスが流行し始めた2020年4月。その直後、みずほ銀行がメディアでも大きく報じられた「システム障害」を起こしたことで、浩さんは連日、朝7時から夜7時まで働き続けることとなった。

会社からは外食や人混みを避けるよう命じられ、社内の飲み会もいっさいない。昼食は段ボールで囲われた自席で独り食べた。一人暮らしのアパートと会社を往復する日々。そのうち夜も眠れなくなり、毎晩アルコール度数が高い「ストロングゼロ」を飲む習慣がついた。日中は強い眠気に襲われ、食事や趣味にも興味がなくなった。

「仕事はつらいけど、1年目の若手だから仕方がないと思った。ストレスを発散したくても、罪悪感があって外食や旅行には行けない。無気力で何をしても楽しくないという感じでした」と浩さん。現在は業務内容が変わり、体調は回復しつつあるが、もっと早く上司に相談できなかったのか。

「働き方について相談できる人はいませんでした。課長と話したのは、この2年で合計2時間くらいしかない。自分を評価する人がどういう人間なのかもわかりません」(浩さん)

難しい社内コミュニケーション

社員同士の接触が減ったコロナ禍で入社した新人にとって難しいのが、社内コミュニケーションだ。

入社直後から在宅勤務を推奨された20代の女性は、「会社に行っても誰もいないから自宅で仕事をするようになった。それなのに上司からはもっと積極的にコミュニケーションを取るように言われ、孤独感がより増した」と嘆く。

次ページ気軽にチャットを送れない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT