ロージーさんは、なぜ米国踏破に挑むのか

<動画>「人生でやれることは多い!」

「『私は何をしようと思っているの』って考えてしまいました。でも、『元気を出しましょう。馬鹿なこと言っちゃだめ。ちゃんと頭を切り替えて』というふうに考え直したのです。『さぁ、時間は幾らでもあるのよ』」って。心をリラックスさせれば、あなたはやるべきことをできるのです。恐怖やストレスに捉えられてしまったら、やるべきことはできないのです」

これまでも世界中を旅してきた

この旅でロージーさんは、幾つかの病院でガン生存者とその家族たちに出会い、プリンストン大学で講演を行い、そしてメリーランド州の個人の家を回った。様々なタイプの人々に出会えたことが、これまでのところ、もっとも大きな印象的だったと彼女は話す。また、週末にバージニア州で行われる地元の野球の試合で始球式を投げることを楽しみにもしていると語る。

今回の旅は、ロージーさんの最初の冒険ではない。17フィート(518センチ)のボートで、英国から米国まで単独航海したり、世界中を走破してきた。シベリアでは狼や熊に出くわし、アラスカでは凍傷にもなってしまった。

今年末までに、ロージーさんはサンフランシスコに到着したいと願っている一方、その道中の一歩一歩を噛み締めようと決意している。

提供:ロイター(音量にご注意ください)
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT