ロージーさんは、なぜ米国踏破に挑むのか

<動画>「人生でやれることは多い!」

3月上旬、雪の中を走るロージー・スウェイル・ポープさん(ロージーさんのHPより)

カートを引いて世界中を走り続ける、ロージー・スウェイル・ポープさんを御存じだろうか。作家であり冒険家として活躍する彼女は、カート1台を引いて北米横断に挑戦しているところだ。

ロージーさんはスイスのダボス生まれで今は英国ウェールズ・テンビーに住んでいる。68歳のロージーさんは2014年10月、明るいオレンジ色のカートを引っ張りながら、ニューヨークを出発。サンフランシスコまでを徒歩で踏破する旅に乗り出している。今は雪の中を歩いているところだ。

なぜ、ロージーさんはこんな旅に出ることを決断したのだろうか。それは、人々のガンに対する関心を高めるためだ。

ロージーさんは夫のクライブさんを前立腺がんで亡くした。

「人生でやれることは多い」

20年以上にわたって伴侶だった夫は、ロージーさんの腕の中で死んだ。

ロージーさんが57歳のときであり、自分の腕の中で死んだことがせめてもの慰めだと思っていた。しかし、気分を切り替えることはできず、その後の歳月は荒涼としたものになった。彼女の喪失したものの大きさはあまりにも圧倒的だった。そこから立ち直れずに、苦しみ続けた。

ガンを患う人の伴侶、あるいはガンで伴侶を失った人に伝えたいメッセージとは、次のようなものだ。

「あなたは重大な岐路に立っています。これから何もしないで人生を終えて、ある日、天国で一緒に丸まって寝かせられることを望むのですか。それとも彼のために信念を貫いて、両手で人生をしっかりと掴んで、人生を2倍生きようと努力し、自分自身の夢と同様に、彼の夢も達成しようと努力するのですか」

全米を巡る3371マイル(5425キロ)走破に乗り出す力になったのは、このメッセージを伝えたい、という思いだ。

次ページうつ病の人へのメッセージとは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。