ロージーさんは、なぜ米国踏破に挑むのか

<動画>「人生でやれることは多い!」

3月上旬、雪の中を走るロージー・スウェイル・ポープさん(ロージーさんのHPより)

カートを引いて世界中を走り続ける、ロージー・スウェイル・ポープさんを御存じだろうか。作家であり冒険家として活躍する彼女は、カート1台を引いて北米横断に挑戦しているところだ。

ロージーさんはスイスのダボス生まれで今は英国ウェールズ・テンビーに住んでいる。68歳のロージーさんは2014年10月、明るいオレンジ色のカートを引っ張りながら、ニューヨークを出発。サンフランシスコまでを徒歩で踏破する旅に乗り出している。今は雪の中を歩いているところだ。

なぜ、ロージーさんはこんな旅に出ることを決断したのだろうか。それは、人々のガンに対する関心を高めるためだ。

ロージーさんは夫のクライブさんを前立腺がんで亡くした。

「人生でやれることは多い」

20年以上にわたって伴侶だった夫は、ロージーさんの腕の中で死んだ。

ロージーさんが57歳のときであり、自分の腕の中で死んだことがせめてもの慰めだと思っていた。しかし、気分を切り替えることはできず、その後の歳月は荒涼としたものになった。彼女の喪失したものの大きさはあまりにも圧倒的だった。そこから立ち直れずに、苦しみ続けた。

ガンを患う人の伴侶、あるいはガンで伴侶を失った人に伝えたいメッセージとは、次のようなものだ。

「あなたは重大な岐路に立っています。これから何もしないで人生を終えて、ある日、天国で一緒に丸まって寝かせられることを望むのですか。それとも彼のために信念を貫いて、両手で人生をしっかりと掴んで、人生を2倍生きようと努力し、自分自身の夢と同様に、彼の夢も達成しようと努力するのですか」

全米を巡る3371マイル(5425キロ)走破に乗り出す力になったのは、このメッセージを伝えたい、という思いだ。

次ページうつ病の人へのメッセージとは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。