有料会員限定

報道人材が「PR領域」に続々転職、激変する力関係 トヨタイムズは序章、見切られる旧来メディア

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

自社のキャリアパスや報道姿勢に疑問を抱いた、彼らの決断とは。

富川悠太氏と新型クラウン発表会の会場
テレビ朝日からトヨタ自動車に移籍した富川氏(右写真:つのだよしお/アフロ)。「トヨタ所属のジャーナリスト」という新たな肩書を掲げたことも話題を呼んだ。(左写真、撮影:尾形文繁)

特集「氾濫するPR」の他の記事を読む

2022年7月に行われたトヨタ自動車の「新型クラウン」発表会。質疑応答の場で軽快に司会をこなす人物がいた。元テレビ朝日アナウンサーの富川悠太氏だ。看板アナから一転、2022年4月にトヨタへ移籍した。

豊田章男社長肝煎りで始めたオウンドメディア「トヨタイムズ」を展開するトヨタは、ほかにも報道人材を獲得している。

報道での経験を生かし、一般企業でメディア対応などを行う“受け身”型の広報に転身する人物は昔から少なくなかった。ただここに来て、企業コンテンツを社会へと発信するPRキャリアを選ぶ報道出身者が続出している。

NHK記者からVCへ

週刊東洋経済 2022年11/19号[雑誌](氾濫するPR)
『週刊東洋経済 2022年11/19号 氾濫するPR』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら。電子版はこちら

11月14日発売の『週刊東洋経済』11月19日号では「氾濫するPR」を特集(アマゾンでの購入はこちら)。情報流通の新たな担い手となりつつあるPR会社・業界の分析や、失敗しない定番オウンドツールの活用術、そしてこれらと対照的に不振が極まるマスメディアの現在地などを追っている。

Zホールディングス傘下のベンチャーキャピタル・Z Venture Capital(ZVC)で、2022年9月からコミュニティマネジャーを務める高橋翔吾氏もそんな一人だ。転身まで約10年、日本放送協会(NHK)の記者として活躍。東日本大震災の復興を報道し、福岡県で県政キャップも務めた。

「好奇心を満たす環境にいたい」。そう強く願いNHKに入局した高橋氏。記者生活は充実していたが、SNSや動画サイトが普及する中、社会がテレビ業界に求める役割の縮小を痛感していた。

またマスコミの場合、多くの記者は一定の経験を積むと現場から離れ、後輩の原稿を確認するデスクとなるのが慣例。現場で活躍し続けるキャリアパスは描きづらい。「自分の仕事がクローズドになっていく感覚で、このままでいいのかと悩んだ」(高橋氏)。

次ページジャーナリズムをVCの世界に持ち込む
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
氾濫するPR
ダイエー中内功に「刷り込まれた」会社の守り方
小泉会長「サービス開発とPRは成長支える両輪」
10年前と仕事が様変わり!ベテラン広報座談会
最大手にして異色のベクトル、最新「業界地図」
あのタクシー広告も手がける日本のPR王が指摘
SNS時代に問われるインシデント広報の瞬発力
約200社の実務経験者の回答を6つの視点で分析
売り上げ爆増も狙える「PR TIMES」活用の3カ条
山口拓己社長「開示に正直さが問われる時代」
使い倒すカルビーと記事がつまらない企業の差
「会社はそもそもクリエーター」noteCEOの哲学
トヨタイムズは序章、見切られる旧来メディア
ファクトチェックにPV問題「感覚のズレ」際立つ
浜田敬子氏「今こそライバル同士の連帯が必要」
石戸諭氏「ボールはむしろマスメディア側に」
PR情報が地方メディア存続への「頼みの綱」に
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内