「FOREVER21」の日本再上陸を導いた黒子の正体 破綻した名門ブランドを続々買収、独自に再生

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

全4回の特集「ブランドの新・覇者 ABGの正体」の第1回。アメリカのファンド、ABGの下で再建したFOREVER21が日本へ再上陸する。名門ブランドを多数傘下に持つファンドの知られざる経営の実態とは。

創業10年余りで多数の名門ブランドを傘下に収めるABG。2020年に買収したフォーエバー21は再建が進み、再び事業拡大に乗り出している(編集部撮影)

特集「ブランドの新・覇者 ABGの正体」の他の記事を読む

渋谷のスクランブル交差点からセンター街へ進むと目に飛び込んでくる、黄色の“F21”の文字。今はなき、アメリカ・ロサンゼルス発の「FOREVER 21(フォーエバー21)」の看板を覚えている人も多いだろう。

2009年の上陸後、ファストファッションブームを巻き起こしたが、アメリカ本社の経営破綻を受けて2019年10月に日本から完全撤退。あれから3年が過ぎたこの秋、フォーエバー21が2023年春に再上陸するというニュースが全国を駆け巡った。

2010年代前半に急成長を遂げたフォーエバー21は、創業家一族による過度な拡大戦略が裏目に出て、経営難に陥った。過剰在庫や世界各地の一等地に出した大型店の家賃負担がのしかかり、本国では2019年9月に日本の民事再生法にあたる連邦破産法(チャプター11)の適用を申請した。

そんな同社を救ったのが、アメリカのファンド「オーセンティック・ブランズ・グループ(以下、ABG)」だ。2010年に創業、経営破綻したアパレルブランドなどを続々と傘下に収めており、2020年2月に投資会社などと共同でフォーエバー21を買収した。

長期保有が前提、収益の8割がロイヤルティー

ABGは日本での知名度こそ低いものの、これまで買収してきたブランドの顔ぶれは実に華やかだ。名門セレクトショップ「バーニーズ・ニューヨーク」や紳士服の老舗「ブルックスブラザーズ」、アディダスが手放したスポーツブランドの「リーボック」など、約50のブランドを傘下に持つ。

「強力なブランドイメージや歴史を持っているかが重要だ。長期保有を前提に、買収後の成長を重視している」。ABGで日本市場を担当するケビン・サルター氏は、ブランド買収で重視しているポイントをそう明かす。

フォーエバー21を再上陸へと導いたABG流の再生術は、いったいどんなものなのか。

次ページ世界各地のパートナー企業と連携
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内