大手アパレルが「実質身売り」に懸けた本当の理由 「アース」展開のストライプがファンド傘下に

印刷
A
A

かつて「第2のユニクロ」とも目されたストライプインターナショナル。2020年に社長を辞任した創業者の石川氏に、保有株をファンドに売却した舞台裏を直撃した。

ストライプインターナショナルの主力ブランド「アース ミュージック&エコロジー」。宮崎あおい出演のテレビCMで一世を風靡した(写真:アース ミュージック&エコロジーの公式ホームページより)

「長らくのご愛顧、深く感謝申し上げます」――。

3月末、あるアパレル企業が運営するファッションECモールがひっそりと姿を消した。

「アース ミュージック&エコロジー」などの手頃な女性向けアパレルブランドを多数展開する、ストライプインターナショナル(以下、ストライプ)。同社子会社が運営するECモール「ストライプデパートメント」が2月に販売を終了し、3月をもってサイトを閉鎖した。

ストライプデパートメントは、ストライプ創業者の石川康晴氏が「日本一のファッションECを作っていく」と大々的に宣言し、2018年にソフトバンクと共同で立ち上げた。しかし売り上げは想定を下回り苦戦していた。

業界の風雲児が直面した窮地

創業者肝煎りの事業の撤退と同じタイミングで、ストライプの経営は大きな転機を迎えていた。

同社は3月中旬、国内投資ファンドのティーキャピタルパートナーズからの出資を受け入れたと発表。ティーキャピタルは特別目的会社(SPC)を新設し、84%を保有していた石川氏の株式を含む、ストライプの全株を買い取った。その後石川氏はSPCに再出資して25%の株式を取得、残り75%をファンドらが保有している。

「断腸の思いで、大部分の株を引き渡す決断をした」。石川氏は東洋経済の取材に対し、会社をファンドに売却した胸中をそう明かす。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内