有料会員限定

「広報を軽視する経営者」が間違いなく残念な理由 ダイエー中内功に「刷り込まれた」会社の守り方

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

ダイエーで中内功氏の秘書を務め、現在は化粧品メーカー・ファンケルの社長を務める島田和幸氏。中内氏から広報・PRの重要性を「刷り込まれてきた」という。

島田社長は広報はもちろんのこと、全社員に広報・PR感覚を求めている(撮影:大澤誠)

特集「氾濫するPR」の他の記事を読む

11月14日発売の『週刊東洋経済』11月19日号では「氾濫するPR」を特集(アマゾンの予約・購入ページはこちら)。情報流通の新たな担い手となりつつあるPR会社・業界の分析や、失敗しない定番オウンドツールの活用術、そしてこれらと対照的に不振が極まるマスメディアの現在地などを追っている。
イーロン・マスク氏に買収されたアメリカのツイッターについて、日本経済新聞は日本の広報メンバーが「全員解雇」されたと報じた。収入を直接稼ぐ部門でないことから、広報担当は企業によってプレゼンスに差があるのが実情だ。
ただ、かつてダイエーであの中内功氏の秘書を務め、現在は化粧品メーカー・ファンケルの社長を務める島田和幸氏は、中内氏から広報・PRの重要性を「刷り込まれてきた」という。その感覚を経営にどう落とし込んでいるのか。

「毎晩記者と飲み歩く広報」はもう古い

――1993年から8年間、中内氏の秘書をされていました。

私が秘書をやっていた間はダイエーの業績が右肩下がりで、広報もどちらかといえば守りのスタンスだった。ただ、業績がよかった頃から「最も世の中に開かれた部署であれ」という考えの下、広報をオフィスの1階にある受付のすぐ後ろに置いていた。

週刊東洋経済 2022年11/19号[雑誌](氾濫するPR)
『週刊東洋経済 2022年11/19号 氾濫するPR』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら。電子版はこちら

――受付の後ろですか。

マスコミの人にどんどん来てもらおう、と。当時は小売りのトップ企業だったから、企業としての思想も含めて業界をリードするんだ、という自負があったのだろう。

――ファンケルで経営者となり、広報・PRの重要性について、中内氏からの影響は感じますか。

広報を大事に思うことに、何の疑問もない。ごく普通のことという感覚だ。(中内氏に)刷り込まれたのかもしれない。

過去のダイエーのような時流の最先端を切り開く大企業と違い、ファンケルは業界をリードする会社ではない。そんな会社を守り、成長させるうえで、世の中と丁寧にコミュニケーションを取ることは非常に重要だ。

――中内氏が重視したマスコミとの関係構築から、PRの定義は大きく広がりつつあります。

次ページ「どんくさい会社」だからこそ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
氾濫するPR
ダイエー中内功に「刷り込まれた」会社の守り方
小泉会長「サービス開発とPRは成長支える両輪」
10年前と仕事が様変わり!ベテラン広報座談会
最大手にして異色のベクトル、最新「業界地図」
あのタクシー広告も手がける日本のPR王が指摘
SNS時代に問われるインシデント広報の瞬発力
約200社の実務経験者の回答を6つの視点で分析
売り上げ爆増も狙える「PR TIMES」活用の3カ条
山口拓己社長「開示に正直さが問われる時代」
使い倒すカルビーと記事がつまらない企業の差
「会社はそもそもクリエーター」noteCEOの哲学
トヨタイムズは序章、見切られる旧来メディア
ファクトチェックにPV問題「感覚のズレ」際立つ
浜田敬子氏「今こそライバル同士の連帯が必要」
石戸諭氏「ボールはむしろマスメディア側に」
PR情報が地方メディア存続への「頼みの綱」に
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内