三菱商事と三井物産、最高益で問われる真の実力 ヘルスケア事業など「非資源分野」の育成を急ぐ

拡大
縮小

純利益1兆円超え予想の三菱商事をはじめ、5大商社は2023年3月期の業績予想を相次ぎ上方修正した。資源高の追い風もある中、「資源一本足打法」と指摘されていた三井物産はヘルスケア事業の育成に力を注ぐ。

三菱商事の中西社長
決算会見で「実力値には満足していない」と話した三菱商事・中西社長(提供:三菱商事)

5大総合商社の今2023年上半期(2022年4月~9月期)の決算が11月8日に出そろった。好業績が並ぶ中で、個社別で見ると中長期的な課題が浮き彫りになった決算だった。

最も注目されたのは、三菱商事だ。資源市況や為替の影響などを加味し、2023年3月期の純益見通しを従来予想の8500億円から1兆300億円(前期比9.9%増)に上方修正した。実現すれば、商社業界初の「純益1兆円超え」になる。

総合商社上位3社の純益推移

ただ、上方修正した1800億円のうち、為替効果は875億円にのぼる。11月8日の決算会見に臨んだ三菱商事の中西勝也社長は、「実力値(為替や資源市況の要因を除いた純利益)は上がってきているが、満足はしていない。

2022年3月期については純益9375億の実績だったが、実力値は6000億円だった。今回決算の実力値は(1兆300億円の純益予想に対し)6500億円にしか上がっていない。反省すべきだ」と語った。

もとより資源高などによる好決算は悪いことではない。それでも市況や為替要因を除いた「実力ベース」で積み増した利益が500億円にとどまることに、中西社長は不満さえ吐露したのだ。

三菱商事の「純益1兆円超え」は保守的

次ページ「資源一本足打法」だった三井物産はどうする?
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内