「平家にあらずんば人にあらず」放言した男の末路 公家でありながら武士の力で成り上がり…

拡大
縮小
「平家にあらずんば人にあらず」平家はやがて滅亡へと向かう(写真:ひろゆき/PIXTA)
「平家にあらずんば人にあらず」――誰もが知る名ぜりふだが、じつはこの発言を残した平時忠は、平清盛を頂点とする「武士の平家」の出身ではなく、「公家の平家」の出身だったという。
人気歴史学者・呉座勇一さんの新刊『武士とは何か』では、源義家から伊達政宗まで中世武士の行動原理に迫っている。本稿は同書を一部抜粋し再構成のうえ、平時忠に関する記述をお届けする。

「平家にあらずんば人にあらず」

日本史に興味がある人なら「平家にあらずんば人にあらず」という言葉を聞いたことがあるだろう。平清盛率いる平家一門のおごり高ぶりを象徴する平時忠(たいら の ときただ)の発言として有名である。

この発言は『平家物語』に由来する。岩波書店刊の『日本古典文学大系』などの古典全集に収録された『平家物語』には「この一門にあらざらん人は、みな人非人なるべし」と書かれている。ただし『平家物語』には多くの種類の写本がある。古典全集は『平家物語』諸本のうち「覚一本(かくいちぼん)」という琵琶法師が語るために作られたとされる本を典拠とする。

一方、『平家物語』の中で最も古い形態を残すと考えられる「延慶本(えんぎょうぼん)」は読み物として編纂された系統で「この一門に非ざる者は、男も女も法師も尼も、人非人たるべし」と記している。

次ページ「人非人」という言葉の意味
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT