日本人はいつから「風呂」好き?知られざる歴史 江戸時代以前は湯につかる入浴はまれだった?

拡大
縮小
お風呂
毎日入るお風呂ですが、その歴史は意外と知られていません(写真:PHOTO NAOKI/PIXTA)
この記事の画像を見る(7枚)

子どものころ、銭湯に通っていた記憶がある。自宅に内風呂ができてからも、台所でお湯を使うと浴室のお湯が急にぬるくなったりするので、お湯を使うのに気を使った記憶もある。こうしたことを書くと年齢がバレてしまうが、そのくらいに日本のお湯は変化しているのだ。

いまは、水栓レバーをひねればすぐにお湯が出るし、ボタンを押せば勝手にお湯はりや追い焚きもしてくれる。いつでも好きな時にお湯が使え、わが家にはないが、ミストサウナや美容に良いシャワーヘッドまで使えるようになり、自ら発電する給湯機だってある時代になっている。

なぜそんな過去のことを思い出したかと言うと、(一財)ベターリビングが刊行した『ガスとお湯の50年~時代とともに、暮らしを豊かに~』を読んだからだ。50年というので、1970年代以降から現在までになるが、それ以前の湯沸かしなどの機器についての変遷もまとめられていて、読み応えのあるものになっている。

江戸時代以前はお湯につかった入浴はまれだった!?

この『ガスとお湯の50年』に掲載されている情報から、日本のお湯の歴史を振り返ってみよう。

お湯を使うのは主に、煮炊きと風呂(入浴)の場面だ。古来より煮炊きの際にはお湯が必要。かまどで薪や木炭などを燃料として、お湯を沸かして煮炊きしていたときは、水汲み、薪の調達、火の調節や始末までかなりの重労働だった。

(イラスト:大橋慶子)

この頃の一般的な庶民の家には台所があって、土間のかまどで煮炊きをしていた。一方、庶民の家に風呂はなく、軒先にたらいを置いて沐浴をしていた。つまり「行水」だ。たまに、共同の銭湯に行っていたが、今のようなたっぷりのお湯につかる入浴ではなかった。

次ページお湯につかって入浴はいつから?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT