娯楽作嫌いアカデミー賞「トップガン」候補入れも 一般感覚とズレたエリート主義との批判に危機感

拡大
縮小
娯楽作品の枠を超えた『トップガン マーヴェリック』は作品賞にノミネートされるか(C)2022 Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.

賞狙いの映画がお披露目される秋の主要な映画祭が終了し、今年のアワード戦線が少しずつ見えてきた。デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』)の最新作『バビロン』や、ウィル・スミスが脱走奴隷を演じるアントワン・フークア監督の実話物『自由への道』など、まだ記者や批評家が見ることができていない映画もあり、今のところダントツのフロントランナーはいない。そんな中にあって、『トップガン マーヴェリック』の作品部門候補入りの可能性が強まってきている。

「エリート志向」「一般観客の感覚とズレている」と批判されてきたアカデミー賞は、従来、娯楽超大作に優しくなかった。史上最高の世界興行収入を稼ぎ、世界を沸かせた『アバター』も、有力視されながら、最後には一般人にあまり知られていない『ハート・ロッカー』に負けている。

『トップガン マーヴェリック』の前作『トップガン』も、候補入りしたのは主題歌、音響、音響効果編集、編集の4部門で、作品、監督、演技など華やかな部門からは無視された。トム・クルーズ自身はキャリアで3度ノミネートされているが、それらの作品は『マグノリア』『ザ・エージェント』『7月4日に生まれて』と、いずれもシリアスなドラマだ。

マーベルが作品部門に食い込んだのは、アカデミーが多様化に向けて努力をしている中で公開された『ブラックパンサー』だけ。あの映画は監督も主演も黒人で、スーパーヒーロー物とはいえ社会的なメッセージを持つ作品だった。

ひと昔前であればスルーされていた

つまり、一般的に言って、『トップガン マーヴェリック』はアワードシーズンと関係のない作品ということ。にもかかわらず、業界メディア『Variety』のシニアエディターであるクレイトン・デイヴィスが今月6日に発表した作品部門予測ランキングで、5位に入っているのである。

これは彼だけの意見ではない。アワード専門サイト『Gold Derby』のニュースレターを見ても、この1カ月の間、『トップガン マーヴェリック』は4番目と5番目の間をうろうろしている。

これらの予測には、なぜ作品が候補入りすると思うのかという理由は書かれていない。しかし、リピーターが大勢出現するほど人々を夢中にさせ、批評家からも高い評価を得て、テクニカル面でも画期的なことをやってみせた『トップガン マーヴェリック』が映画における最高の賞にノミネートされることに対し、異議のある人はいないのではないか。

次ページアカデミーも多様化を進めた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT