下着ユニバが「令和らしい炎上」である3つの理由 バカッターの歴史が若い世代に受け継がれず…

拡大
縮小

結果として「下着ユニバ」がトレンド(投稿頻度の多い単語)に入り、より火に油を注ぐ結果に。一連の騒動を受けて、USJの公式ツイッターアカウントは、このようなアナウンスを投稿した。

「さまざまな仮装でパークを楽しむゲストを歓迎していますが、多くのゲストの安心安全のため、ルールとマナーへのご協力をお願いします。公序良俗に反する服装やパークにふさわしくない過度な露出はお断り、退場いただく場合があります」

USJ公式サイトの「パーク内での仮装について」には、退出や入場禁止措置を取る場合があるケースが列挙されているが、今回の事案は「公序良俗に反する服装、および公然わいせつ罪などの法律に抵触する服装(パークにふさわしくない過度な露出、刺青など)」に該当するのだろう。

ユニバ公式サイト
「以下はお断りします」の項の3つ目に、「過度な露出」に関する記載がある(出所:USJ公式サイト)

なお各種報道によると、インスタグラマーらは上着を羽織っていたといい、USJ担当者も、仮に入場時からこの格好であれば、注意を促していたとの趣旨を話しているという。

本件が「令和の炎上テンプレ」と言える理由

長年ネットに触れてきている人には、「なぜこうした炎上は繰り返されるのか?」という疑問を抱く人もいるに違いない。

しかし、冒頭でも軽く触れたが、筆者は以下の3つの理由から、今回の炎上を「令和の炎上テンプレ」だと指摘したい。

(1)技術革新によって断ち切られた文脈

(2)インスタとツイッターといったサービスによる文化の違い

(3)仲間内と世間での価値観の違い

順番に説明していこう。

(1)技術革新によって断ち切られた文脈

筆者はネットニュース編集者として、約10年にわたってネット上での炎上を目撃してきた。「USJで炎上」というフレーズを聞いて思い出されたのは、約10年前に起きた事案だ。

大学生がボートをわざと転覆させたり、走行中のアトラクションから身を乗り出したりする迷惑行為を、まるで「武勇伝」のようにブログなどで語って大炎上。主犯格の学生が停学となるほか、他大学の学生も加担していたなど、そこそこの社会問題となった。

今でこそ、インスタやTikTokのように、写真や動画メインのSNSが主流になっているが、当時はネット上での発信と言えば、文字がメインだった。2000年代前半にブログ、後半にツイッターが登場。画像も添付できたが、あくまで文章を彩るサブの存在だったわけだ。

大きな社会問題となった、そして親世代を震撼させた「バカッター」「バイトテロ」なども、ツイッターやブログ起点の話題だった……と言えば、時の流れの早さを実感する人は少なくないだろう。

次ページインスタ台頭で、過去の文脈が分断された
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT