1640万円「ポルシェ911カレラT」格安といえる訳 ピュアに走りを楽しむ人のための軽量ツアラー

✎ 1〜 ✎ 109 ✎ 110 ✎ 111 ✎ 最新
拡大
縮小
2022年10月19日、発売となった「911カレラT」(写真:ポルシェジャパン)
2022年10月19日、発売となった「911カレラT」(写真:ポルシェジャパン)

ポルシェの旗艦車種「911」に、伝統の「T」の名が与えられた新しいバリエーションが追加された。「911カレラT」だ。

Tは「ツーリング」を意味し、最初の911Tが登場したのは、1968年まで遡る。当時は廉価版としての役割を持ち、まで1973年で生産された。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その後、長らくラインアップされなかったが、タイプ991世代となった2017年に復活。廉価版ではなく、走りを鍛えた軽量モデルとして新たな魅力を備えた。

タイプ992世代として登場した新911Tも、その路線を踏襲。遮音材やリアシートを省くなどして、911の市販モデルで最軽量となる車重1470kgを実現している。

385PSエンジンにPTVやPASMを装備

911Tは、素の「911カレラ」と「911カレラS」の中間に位置するモデルだ。

最高出力283kW(385PS)/最大トルク450Nmを発生する水平対向6気筒3.0リッターツインターボエンジンは、911カレラと同じもので、7速MTが標準。デュアルクラッチの8速PDKも設定される。そのパフォーマンスは0-100km/h加速4.5秒、最高速度291km/hに達する。

基本的なパワートレインは「911カレラ」と共通(写真:ポルシェジャパン)
基本的なパワートレインは「911カレラ」と共通(写真:ポルシェジャパン)

さらなるスポーツドライビングを実現するリミテッドスリップリアディファレンシャル(LSD)つきポルシェトルクベクトリング(PTV)やスポーツクロノパッケージ、PASMスポーツサスペンション(車高-10mm)も標準装備。

これらの機能を385PSエンジンと組み合わせることができるのは、この911カレラTだけだ。さらに、通常はカレラS以上にしか装備されないリアアクスルステアリングもオプションで装着できる。

ホイールは、フロント20インチ/リア21インチのチタニウムグレー「カレラS」ホイールで、それぞれ245/35と305/30サイズのタイヤを装着。その他、GTスポーツステアリングホイール、スポーツエグゾーストシステム、スポーツシートプラス(4-way、電動)も標準装備となる。

新デザインのドアロゴにも注目したい(写真:ポルシェジャパン)
新デザインのドアロゴにも注目したい(写真:ポルシェジャパン)

911カレラTの真骨頂ともいうべきは軽量化で、リアシートと遮音材の削減に加え、ガラスやバッテリーまで軽量タイプに換装。その結果、7速MT仕様では市販911で最軽量となる1470kgを実現している。この数値は、8速PDK搭載の911カレラよりも35kg軽いという。

先にパフォーマンス面についてお伝えしてきたが、エクステリア/インテリアも911カレラT独自の仕様が与えられている。

エクステリアは、ディテールをダークグレーでコーディネート。ドアミラー、ドアロゴ、リアロゴ、リアリッドグリルのトリムストリップには、アゲートグレーというカラーが採用される。ドアロゴは、新デザインだ。

次ページ1640万円はバーゲンプライスだ!
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT