ハリソン・フォード、自ら操縦する飛行機墜落

重傷だが命には別状なし

墜落したハリソン・フォードさんの小型飛行機

[ロサンゼルス 5日 ロイター] - 米俳優ハリソン・フォードさん(72)が操縦する小型飛行機が5日、離陸直後にロサンゼルスのゴルフコースに不時着したと、関係筋が明らかにした。フォードさんは重傷だという。

ロサンゼルス消防局は、小型機がサンタモニカ空港を離陸して間もなく、木に接触して不時着したとし、操縦士は意識があり呼吸をしていると発表した。

フォードさんが搭乗していたかどうかは明らかにしなかったが、事故調査の関係筋は、操縦していたのはフォードさんだと述べた。

フォードさんの息子、ベンさんもツイッターで「病院にいる。父は大丈夫だ。ひどいけがをしたけれど大丈夫」と書き込んだ。

ロサンゼルス市警の報道担当者は、事故が5日午後2時25分ごろに発生し、機器の不具合が原因とみられると明らかにした。芸能サイトTMZは、フォードさんがこの事故で頭部に複数の傷を負いかなり出血したと伝えた。

フォードさんの広報担当からのコメントは得られていない。

フォードさんは昨年、英国で映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の撮影中に足を骨折し、撮影は2週間中断されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。