日本医師会が100以上の災害医療チームを被災地に派遣、慢性疾患患者の体調に懸念【震災関連速報】

日本医師会が100以上の災害医療チームを被災地に派遣、慢性疾患患者の体調に懸念【震災関連速報】

日本医師会は15日、医師や看護職員からなる100以上の災害医療チーム(JMAT)を被災地に派遣することを発表した。派遣先は46万人以上の避難者がいるとみられる岩手県、宮城県などの東北地方。各県医師会の要請に基づいて、すでに数チームが被災地での活動を始めている。

JMATの詳しい人数は明らかにされていないが、1チーム当たり2~4人程度とみられる。

JMATは、災害後48時間以内の活動を担う厚労省の災害派遣医療チーム(DMAT)と連携し、JMATではそれ以後の支援も行う。「救護所ではけが人はもちろんのこと、医薬品を持たずに避難している慢性疾患の患者の体調、インフルエンザなど感染症の拡大も懸念される」(日本医師会)としている。
 
 日本医師会の原中勝征会長は、15日に開いた会見で、14日夜に関東圏の一部で行われた計画停電に関しては、「人工呼吸器や透析が止まることで、数万人死ぬ恐れがあると政府に強く申し上げた。それが計画停電の規模が小さくなった原因だ」と明かした。

(島田 知穂=東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT