和田秀樹「60代以降に衰える人・衰えない人の差」 急に怒り出す人が増えるのは前頭葉萎縮が原因

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

さて、ここまで60代の脳に起こる現象の一部をご紹介してきました。性格が怒りっぽくなったり、柔軟性や適応能力が失われたり……という事実を知って、気分が落ち込んでしまった方もいるかもしれません。

でも、心配はいりません。頭葉は加齢によって縮むにしても、60代から生活習慣を見直していくだけで、機能の低下を遅らせることは可能だからです。

80歳を過ぎても大活躍した人々

今の時代は、若い人ほど前例踏襲しがちな事なかれ主義となる傾向が強く、20代からすでに創造性や意欲をなくしてしまっている人がたくさんいる一方で、80歳を過ぎても意欲にあふれて、大活躍する人がたくさんいます。

55歳にして「ファミリーコンピュータ」の開発を指示、61歳にして「ゲームボーイ」の発売を推し進めて大ヒットさせた任天堂元社長の山内溥さんも、前頭葉を使い続けた経営者のひとりでしょう。

また、84歳で亡くなるまで『ゴルゴ13』の執筆を続けた漫画家さいとう・たかをさんのように、80代になってもクリエイティビティを失わずに活動し続けたクリエーターもいます。

そのほか、経営学者のピーター・ドラッカーやノーベル賞を受賞した小柴昌俊さんなど、80代、90代になっても人前に出て、立派に活躍された人もいます。こうした方々を見ると、使い続けることで頭のレベルを保てることがわかります。

浴風会に勤務していた際、相当な高齢なのにつねにアクティブで若手に慕われている某現役政治家の脳のCT画像を見たことがあります。その方の前頭葉自体は「認知症なのでは」と思うレベルで萎縮していましたが、逆に考えると、脳が萎縮していても使い続ければ脳の機能は衰えないのだという大きな根拠を得たと感じました。

次ページ身体能力も使い続けることが大切
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT