がんばるな!合理的手抜きが成果をあげる

「がんばり」が有害化している事例は多い

「一丸となってがんばろう!」。根性論と努力を愛する日本人が、よく使うフレーズである。だが、がんばって残業している部署に限って成果が上がらない、上司が「がんばれ」と尻をたたくほど部下はやる気をなくし業績も右肩下がりに……。このように「がんばり」が有害化している事例は身近にたくさんあるのではないだろうか。

努力の量ではなく、努力の質を向上させよう

『がんばると迷惑な人』(新潮社)の著者は、同志社大学政策学部の太田肇教授。組織研究を専門とする太田教授が日本人の「がんばり病」に待ったをかけ、「努力の量」ではなく、「努力の質」を高めなければいけないと、本書を通して強く主張する。

よく言われることだが、ソフト化や「ITC」(情報通信技術)の急速な普及により、多くの仕事がコンピュータで事足りるようになった。その結果、努力の量と生産性が比例する農業社会や工業社会から、仕事の質が重要となる社会へと変わったのである。だが、日本社会では、依然として努力の量が重視されていると著者は嘆く。

たとえば、いまだ努力の量で評価する日本企業の人事制度。このシステムでは、社員ががんばっているフリをするようになると指摘する。さらにこうしたパフォーマンス人間が上司になることで、連鎖反応のように「がんばり病」が組織全体に蔓延していくのだという。

次ページ「がんばりすぎ」が不祥事に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。