がんばるな!合理的手抜きが成果をあげる

「がんばり」が有害化している事例は多い

「一丸となってがんばろう!」。根性論と努力を愛する日本人が、よく使うフレーズである。だが、がんばって残業している部署に限って成果が上がらない、上司が「がんばれ」と尻をたたくほど部下はやる気をなくし業績も右肩下がりに……。このように「がんばり」が有害化している事例は身近にたくさんあるのではないだろうか。

努力の量ではなく、努力の質を向上させよう

『がんばると迷惑な人』(新潮社)の著者は、同志社大学政策学部の太田肇教授。組織研究を専門とする太田教授が日本人の「がんばり病」に待ったをかけ、「努力の量」ではなく、「努力の質」を高めなければいけないと、本書を通して強く主張する。

よく言われることだが、ソフト化や「ITC」(情報通信技術)の急速な普及により、多くの仕事がコンピュータで事足りるようになった。その結果、努力の量と生産性が比例する農業社会や工業社会から、仕事の質が重要となる社会へと変わったのである。だが、日本社会では、依然として努力の量が重視されていると著者は嘆く。

たとえば、いまだ努力の量で評価する日本企業の人事制度。このシステムでは、社員ががんばっているフリをするようになると指摘する。さらにこうしたパフォーマンス人間が上司になることで、連鎖反応のように「がんばり病」が組織全体に蔓延していくのだという。

次ページ「がんばりすぎ」が不祥事に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。