がんばるな!合理的手抜きが成果をあげる

「がんばり」が有害化している事例は多い

「一丸となってがんばろう!」。根性論と努力を愛する日本人が、よく使うフレーズである。だが、がんばって残業している部署に限って成果が上がらない、上司が「がんばれ」と尻をたたくほど部下はやる気をなくし業績も右肩下がりに……。このように「がんばり」が有害化している事例は身近にたくさんあるのではないだろうか。

努力の量ではなく、努力の質を向上させよう

『がんばると迷惑な人』(新潮社)の著者は、同志社大学政策学部の太田肇教授。組織研究を専門とする太田教授が日本人の「がんばり病」に待ったをかけ、「努力の量」ではなく、「努力の質」を高めなければいけないと、本書を通して強く主張する。

よく言われることだが、ソフト化や「ITC」(情報通信技術)の急速な普及により、多くの仕事がコンピュータで事足りるようになった。その結果、努力の量と生産性が比例する農業社会や工業社会から、仕事の質が重要となる社会へと変わったのである。だが、日本社会では、依然として努力の量が重視されていると著者は嘆く。

たとえば、いまだ努力の量で評価する日本企業の人事制度。このシステムでは、社員ががんばっているフリをするようになると指摘する。さらにこうしたパフォーマンス人間が上司になることで、連鎖反応のように「がんばり病」が組織全体に蔓延していくのだという。

次ページ「がんばりすぎ」が不祥事に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT