開始5秒で死ぬのに面白い、不思議なゲームの正体 死がプレーヤーを強くする傑作「Spelunky 2」

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小
「Spelunky 2」のタイトル画面
「Spelunky 2」はとにかく死にまくるゲームです(画像は任天堂公式サイトより)
「テレビゲーム」は子どもがやるものと思われがちですが、書籍や映画ともまた違う独自のシリアスな、あるいはユニークな作品が多数あります。その魅力は奥深く、大人の趣味として楽しめるほどに成熟しているといっても過言ではありません。
そこで、この連載では、ゲームの評論やコラムを10年以上書き続けているゲームライター、いわばゲームを遊ぶプロである渡邉卓也氏が、ゲーマーからは人気でも一般的にはあまり知られていないであろう著名な作品や傑作を紹介します。
第17回は、とにかく死にまくる『Spelunky 2(スペランキー2)』を紹介します。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます(この連載は月2回、原則隔週土曜日に配信予定です)。
この連載の記事一覧はこちら
この記事の画像を見る(5枚)

主人公がやたらと死にまくる

読者の皆さんは『スペランカー』というゲームをご存じでしょうか? 洞窟探検をするアクションゲームで、ファミリーコンピュータ版は主人公が死にまくることで話題になりました。

『スペランカー』の主人公はほかのゲームのキャラクターと比べるとかなり脆弱で、ちょっとした段差でやられてしまうのはともかく、コウモリのフンに当たっても死んでしまいます。マリオなんかと比べると、だいぶ情けなく見えてしまいますよね。

今回の記事で紹介する『スペランキー2』は、そんな『スペランカー』から影響を受けているゲームです。さすがにファミリーコンピュータの時代ほどシンプルなゲームではないのですが、主人公がやたらと死にまくるのは変わりません。

なんせ本作、初めてプレーした人は本当に5秒で死にます。洞窟を探検するために下へ下へと降りていくわけですが、降りたらなぜか即死したり、ちゃんと着地できたと思ったら急に罠が作動して死んだりします。

とにもかくにも死、死、死。それなのに面白いのが『スペランキー2』のスゴいところです。

次ページダンジョンのなかには道具や施設が盛りだくさん
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT