Adoが音楽チャートを一気に占拠できた納得理由 「覆面シンガー」の向こう側にあるリアリティ

✎ 1〜 ✎ 55 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58
拡大
縮小
『ウタカタララバイ』(動画:Ado公式YouTubeチャンネル/YouTube)より

すごいことが起きた。音楽チャート「ビルボードジャパンHot100」の8月24日付ランキング。

1位:新時代
3位:私は最強
4位:逆光
5位:ウタカタララバイ
6位:Tot Musica
10位:風のゆくえ
12位:世界のつづき
31位:ビンクスの酒

驚くべきは、これら8曲を歌っているのはすべてAdoだという事実である。一昨年リリースの『うっせぇわ』が話題となった「覆面シンガー」。

なお、上のランキングでは省略したが、すべての曲名の後には「(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」というフレーズがついていた。

サブスクで聴かれまくっているAdo

「ONE PIECE FILM RED」とは、現在大ヒット中のアニメ映画で、「ウタ」とは、同映画の主役級キャラクターである歌姫の名前。その「ウタ」が映画の中で歌う楽曲を、実はAdoが歌っていて、それらの楽曲が軒並みヒットしているという、一種の「メタ構造ヒット」なのだ。

この連載の一覧はこちら

ただ、ここまでの圧倒的なチャート占拠は、映画のファンだけでなく、音楽そのものの魅力が誘引した層も上乗せされないと、実現できなかったと思われる。

ちなみにビルボードジャパンHot100は、CD売上に加えて、ダウンロード、ストリーミング、ラジオ、ルックアップ(機器のCD読み取り回数)、Twitter、動画再生回数、カラオケという計8指標を勘案したランキング。

ビルボードのサイト内にある「チャート・インサイト」というページで内訳を見ると、Adoの楽曲は、ストリーミング部門で上位を占めていた。つまりはサブスク(リプション)でヒットしている、聴かれまくっているということだ。

さらに9月1日には、『新時代』が、Apple Musicの「トップ100:グローバル」において、日本の楽曲として初めて1位を獲得したと報じられた。

映画のファン、そしてAdoの音楽に魅せられたファンが、この夏、これらの楽曲をサブスクで聴きまくった理由は、はたして何なのか。

次ページ騙されたと思って、まずは歌声を聴いていただきたい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT