矢沢あい「私達の心に寄り添う」その絶妙な表現力 矢沢あいの作品を通して私たちが学んだこと

拡大
縮小
新宿を皮切りに、大阪、横浜と各地で開催される(『NANA』©矢沢漫画制作所/集英社)

『NANA』『ご近所物語』『Paradise Kiss』『天使なんかじゃない』――。矢沢あいの作品を、学生時代に手にとったことがある人も多いのではないだろうか。

東京・新宿髙島屋で2022年7月20日~8月8日に矢沢あい総監修『ALL TIME BEST 矢沢あい展』が開催された。8月後半からは大阪、9月後半からは横浜での展示会も予定している。

会場では、心を奪われた表情で原画を見ている人たち、『NANA』のトートバッグを持ち、登場人物が愛用していたロッキン・ホース・バレリーナを履いている若者の姿など、さまざまな世代のファンを見かけた。また親子で作品について熱く語っている姿もあり、まさに世代を超えて矢沢あいの作品が愛されているのを実感した。

憧れの世界を描く天才だった

矢沢あいは1985年『りぼんオリジナル』の読み切り作品『あの夏』でデビューした。その後『マリンブルーの風に抱かれて』、『天使なんかじゃない』『ご近所物語』とヒット作が続いた。

2000年代に入っても人気は衰えることなく、『Paradise Kiss』と『NANA』は映画化もされた。まさに「平成」を生きる若者の青春とともに矢沢あいの漫画は存在したのだ。

矢沢あいの作品は読者の憧れを描いていた(©矢沢あい/集英社 ©矢沢漫画制作所/集英社)

そんな矢沢あいの作品の特徴は、読者の「憧れの世界」を描いていた点だろう。『天使なんかじゃない』の主人公の冴島翠が繰り広げる自由な高校生活、『ご近所物語』『Paradise Kiss』で舞台になるクリエイティブな服飾学校。『NANA』で描かれる華やかなバンドマンたちとの日常……。どれも誰しもが一度は憧れる夢のような舞台設定だ。実際に筆者の周りでも、『ご近所物語』の世界に憧れて服飾専門学校へ進学する人も多かった。

一方で各物語のキャラクターが過ごす世界は、「少女の憧れ」が詰まっているものの、現実的な部分もしっかり描かれている。主人公や周りのキャラクターを含め、理想と現実の厳しさにもがきながら成長している。好きな人と結ばれてハッピーエンドという、単純な少女漫画の王道ラブストーリーではないのだ。

次ページ登場人物も読者と共に成長
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT