有料会員限定

「サプライチェーン見直し」の羅針盤となるSDGs リスク管理に不可欠な要素がつまっている

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

サプライチェーンの見直しで、羅針盤として使えるのがSDGsだ。

中国の日系工場。パンデミックはグローバル化の下での経済システムを直撃した(写真:新華社/共同通信イメージズ)

特集「ニッポンのSDGs & ESG」の他の記事を読む

カーボンニュートラルが喫緊の課題であり、また、新型コロナウイルスのパンデミックが収束しないうちに、ロシアによるウクライナ戦争という、世界の秩序を根本から変えてしまう事態が起こった。今後の推移と企業経営への影響を慎重に見極める必要があるが、次から次へと世界を揺るがす事態が起こる「混迷の時代」に入ったのは確かだろう。

企業現場では、製造業のみならずサービス業も含め、「調達〜製造〜販売」という川上から川下に至るサプライチェーンが寸断されることが続発し、十分な目配りと対応が必須の情勢になった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ニッポンのSDGs & ESG
ESG+Hの非財務情報から評価、トップはオムロン
少ない温室効果ガスでより多く利益を出す会社
自然保護の取り組みを評価、1位は信越化学工業
企業も男性の育休取得推進へ取り組み強化
トップのトヨタ自動車は断トツの187億円を支出
不正防止へ、内部通報機能の強化が重要だ
ジェンダー平等など6つの目標で「深刻な課題」
今年の夏休みは子供と一緒に挑戦してみよう
歴史、考え方、関係性まで一目でわかる!
ビジネスや就活の現場で使うことができる!
運用方針や運用実績などを丁寧な確認が不可欠
リスク管理に不可欠な要素がつまっている
人権とジェンダーのハードルが越えられない
取り組まない企業で表面化する深刻な影響
自らパーパスを問い、やるべきことを導き出す
「ESG投資」を開始する前に知っておくべきこと
キユーピーや東急などが関連事業を本格化
実践すると会社のスタイルは様変わりする
取引先や金融機関が情報開示を要求する動き
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内