有料会員限定

ファンドマネジャーは「有望銘柄」をどう探すのか 「ESG投資」を開始する前に知っておくべきこと

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
印刷
A
A

特集「ニッポンのSDGs & ESG」の他の記事を読む

ESG投資に対する疑念が根強い。経済的な利益を軽視した投資スタイルではないのか、金融市場の中だけで流行しているのではないか、という点だ。これら2点がはっきりすれば、ESG投資の拡大が一時の流行か、長期トレンドかを判断できそうだ。

ESG投資は膨張の一途をたどる。サステナブル投資残高は日本でも米国でも右肩上がりで増えている。欧州では減っているが、これはサステナブル投資の定義を厳格化した影響が大きい。

リーマンショックが第1のトリガー

ESG投資が台頭してきたのは2000年代初頭。10年代には爆発的に増えた。米資産運用大手インベスコの日本法人でESG事業を担当する内誠一郎・投資戦略部部長は「08年のリーマンショックが第1のトリガー(引き金)になった」と指摘する。

経営破綻した米リーマン・ブラザーズに限らず、当時は株主も企業経営者も次の四半期の利益をどう極大化するかを重視する風潮が強かった。それが過大なリスクを取って短期的な利益を追求する無理な経営につながった。

一方、公的年金基金など長期投資家には、短期的な利益よりも、長期的かつ持続的に企業が成長するほうが好ましい。「ESG投資は短期主義へのアンチテーゼの側面を持っている」と内氏は指摘する。

SNSの発達もESG投資を強力に後押ししている。不祥事があればグローバル規模で瞬時に情報が伝わる。内氏は「ESGは、株主に指図されて企業がお行儀のいい経営を目指すものではなく、社会全体の要請だ」と話す。

次ページパッシブ運用とアクティブ運用
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ニッポンのSDGs & ESG
ESG+Hの非財務情報から評価、トップはオムロン
少ない温室効果ガスでより多く利益を出す会社
自然保護の取り組みを評価、1位は信越化学工業
企業も男性の育休取得推進へ取り組み強化
トップのトヨタ自動車は断トツの187億円を支出
不正防止へ、内部通報機能の強化が重要だ
ジェンダー平等など6つの目標で「深刻な課題」
今年の夏休みは子供と一緒に挑戦してみよう
歴史、考え方、関係性まで一目でわかる!
ビジネスや就活の現場で使うことができる!
運用方針や運用実績などを丁寧な確認が不可欠
リスク管理に不可欠な要素がつまっている
人権とジェンダーのハードルが越えられない
取り組まない企業で表面化する深刻な影響
自らパーパスを問い、やるべきことを導き出す
「ESG投資」を開始する前に知っておくべきこと
キユーピーや東急などが関連事業を本格化
実践すると会社のスタイルは様変わりする
取引先や金融機関が情報開示を要求する動き
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内