有料会員限定

SDGs達成度ランキングで日本の「停滞」が浮き彫り ジェンダー平等など6つの目標で「深刻な課題」

印刷
A
A

世界の共通目標であるSDGs。だがコロナ禍やウクライナ戦争で目標達成は厳しくなっている。日本も大きな課題を残したままだ。

日本も国を挙げてSDGsの目標達成へ動くが、まだ多くの課題を抱える(写真:毎日新聞社 / アフロ)

特集「ニッポンのSDGs & ESG」の他の記事を読む

日本のSDGs達成度は世界で19位。前年から順位を1つ下げた。2022年6月に発表された「Sustainable Development Report(持続可能な開発報告書)2022」からは、日本がSDGs達成に大きな課題を残す現状が浮かび上がっている。

同報告書は、国連と連携する国際的研究組織「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」が毎年発表。国連や研究機関などの統計資料を基に各国のSDGsへの取り組みを100点満点で評価、国別ランキングとしても公表している。

163カ国中のランキング1位はフィンランド。

次ページ日本の弱点は何なのか
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ニッポンのSDGs & ESG
ESG+Hの非財務情報から評価、トップはオムロン
少ない温室効果ガスでより多く利益を出す会社
自然保護の取り組みを評価、1位は信越化学工業
企業も男性の育休取得推進へ取り組み強化
トップのトヨタ自動車は断トツの187億円を支出
不正防止へ、内部通報機能の強化が重要だ
ジェンダー平等など6つの目標で「深刻な課題」
今年の夏休みは子供と一緒に挑戦してみよう
歴史、考え方、関係性まで一目でわかる!
ビジネスや就活の現場で使うことができる!
運用方針や運用実績などを丁寧な確認が不可欠
リスク管理に不可欠な要素がつまっている
人権とジェンダーのハードルが越えられない
世界中が達成目指すSDGsは「絵に描いた餅」なのか
取り組まない企業で表面化する深刻な影響
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内