有料会員限定

「SDGsリポート」の作成でわかる世の中のこと 今年の夏休みは子供と一緒に挑戦してみよう

印刷
A
A

夏休みの学校にリポートにSDGsを題材にする子どもは少なくない。親はどのようなアドバイスをすればいよいか? 専門家からヒントをもらいながら、作成方法を考えた。

(写真:Ushico / PIXTA)

特集「ニッポンのSDGs & ESG」の他の記事を読む

次代を担う子どもたちにこそ、関係の深いSDGs。夏休みは親子でSDGsをテーマにリポートをまとめてみてはどうだろう。『図解SDGs入門』などの著書がある日本総合研究所の村上芽さんにもヒントをもらいながら、作成方法を考えてみた。

リポート作成の意義について、村上さんは「何といっても世界中の人たちで議論し、課題を整理して作られたものがSDGs。書かれている内容にはすべて理由があり、誰もが“自分ごと”として考えられる」と話す。

例えば、節電や節水など家庭でできる行動とSDGsとの関連がわかれば、環境問題は身近になる。目標すべてを覚える必要はないが、世界の抱える課題が多岐にわたることを親子で知るだけでも意味があるだろう。考えを文字にして残しておけば、将来読み返したとき、改めて気づかされることもあるはずだ。

教えられただけでは単なる知識

SDGsについての学習は学校でも進められており、子どもたちにとっては既知の内容も多い。だが、教科書的に教えられただけでは単なる知識にしかならない。

その点、日本ユニセフ協会が子ども向けにまとめたWebサイト「SDGs CLUB」は、国連がSDGsを採択した経緯や、目標の達成によって実現したい未来の姿が、動画やデジタル絵本などで示されわかりやすい。平易な言葉で大人でもスッと頭に入ってくるので、まずは親子で一緒に見てみることをお勧めする。

とくに、それぞれの目標の下に定められた「ターゲット」が子ども向けに訳されているので、SDGsの目指す方向性が理解しやすい。関連するデータや映像が添えられている点もリポート作りの助けになるだろう。

リポートのテーマはどのように選べばよいのだろうか。村上さんは「普段の生活での疑問や発見、身近で親しめる自然などから見つけるのがよい」と言う。

次ページテーマはどのように選べばよいのか
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ニッポンのSDGs & ESG
ESG+Hの非財務情報から評価、トップはオムロン
少ない温室効果ガスでより多く利益を出す会社
自然保護の取り組みを評価、1位は信越化学工業
企業も男性の育休取得推進へ取り組み強化
トップのトヨタ自動車は断トツの187億円を支出
不正防止へ、内部通報機能の強化が重要だ
ジェンダー平等など6つの目標で「深刻な課題」
今年の夏休みは子供と一緒に挑戦してみよう
歴史、考え方、関係性まで一目でわかる!
ビジネスや就活の現場で使うことができる!
運用方針や運用実績などを丁寧な確認が不可欠
リスク管理に不可欠な要素がつまっている
人権とジェンダーのハードルが越えられない
取り組まない企業で表面化する深刻な影響
自らパーパスを問い、やるべきことを導き出す
「ESG投資」を開始する前に知っておくべきこと
キユーピーや東急などが関連事業を本格化
実践すると会社のスタイルは様変わりする
「気候変動リスク」をどう開示していけばよいのか
取引先や金融機関が情報開示を要求する動き
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内