有料会員限定

ESG投資初心者のためのファンドの正しい選び方 運用方針や運用実績などを丁寧な確認が不可欠

印刷
A
A

投資の世界において、ESGの存在感が高まっている。個人投資家にとってアプローチしやすいのはファンドである。

運用会社各社のESGファンドのラインナップも多くなってきた

特集「ニッポンのSDGs & ESG」の他の記事を読む

今、個人投資家がさまざまな手段でESG投資を始めている。

「選択肢は大きく3つ。ESGに取り組む企業の個別株、ESGへの考慮を運用プロセスに取り組んだESGファンドやETF(上場投資信託)、企業や自治体が発行するグリーンボンドやソーシャルボンドといったESGを考慮した債券だ」

こう話すのは、ニッセイ基礎研究所金融研究部准主任研究員の原田哲志氏。ただし、個人が複数企業のESGの取り組みを調べ、非財務情報を考慮して投資先を決めるのは非常に手間がかかる。各種ESG債も募集機会が限られ、好きなタイミングでは始められない。それに対して「ESGファンド、ETFは投資対象の選択や運用をプロに委託でき、個人のタイミングかつ少額で始められるのがメリットだ」(原田氏)。

次ページESG投資の7つの手法
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ニッポンのSDGs & ESG
ESG+Hの非財務情報から評価、トップはオムロン
少ない温室効果ガスでより多く利益を出す会社
自然保護の取り組みを評価、1位は信越化学工業
企業も男性の育休取得推進へ取り組み強化
トップのトヨタ自動車は断トツの187億円を支出
不正防止へ、内部通報機能の強化が重要だ
ジェンダー平等など6つの目標で「深刻な課題」
今年の夏休みは子供と一緒に挑戦してみよう
歴史、考え方、関係性まで一目でわかる!
ビジネスや就活の現場で使うことができる!
運用方針や運用実績などを丁寧な確認が不可欠
リスク管理に不可欠な要素がつまっている
人権とジェンダーのハードルが越えられない
取り組まない企業で表面化する深刻な影響
経営のカギ握る「SDGsとパーパス経営」の親和性
自らパーパスを問い、やるべきことを導き出す
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内