有料会員限定

コロナ禍や戦争で影響が及ぶ「2030アジェンダ」 人権とジェンダーのハードルが越えられない

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小
(写真:taa / PIXTA)

特集「ニッポンのSDGs & ESG」の他の記事を読む

2020年からの新型コロナウイルスの世界的な大流行と、22年2月のロシアによるウクライナ侵攻。この2つの大きな出来事は、SDGsを含む国連の「2030アジェンダ」の目指す人権の尊重や、ジェンダー平等にどのような影響を及ぼしたのか。

まず、現状を確認しよう。国連SDSNによると、全世界のSDGs達成度スコアは20、21年には約66点で、0.01ポイントずつではあるが、19年よりも後退した。この理由としては、とくに低中所得国で目標1「貧困をなくそう」や目標8「働きがいも経済成長も」が後退したことが指摘されている。コロナ対策に伴う教育停滞などが、社会に及ぼす影響は広範で、まだ出切っていないとも分析されている。

22年版のリポートでは、ウクライナ侵攻の影響はスコアには表れていない。23年にもこれまでと同じSDSNの指標体系でスコアが出るとすれば、侵攻による死傷者・避難者などはもちろん、侵攻をきっかけとしたエネルギーや食料の供給不安定化や価格高騰が世界中に及ぼす影響が、深刻なものとして表れてくるだろう。

日本は163カ国中19位

次ページ近づく30年の目標年
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ニッポンのSDGs & ESG
ESG+Hの非財務情報から評価、トップはオムロン
少ない温室効果ガスでより多く利益を出す会社
自然保護の取り組みを評価、1位は信越化学工業
企業も男性の育休取得推進へ取り組み強化
トップのトヨタ自動車は断トツの187億円を支出
不正防止へ、内部通報機能の強化が重要だ
ジェンダー平等など6つの目標で「深刻な課題」
今年の夏休みは子供と一緒に挑戦してみよう
歴史、考え方、関係性まで一目でわかる!
ビジネスや就活の現場で使うことができる!
運用方針や運用実績などを丁寧な確認が不可欠
リスク管理に不可欠な要素がつまっている
人権とジェンダーのハードルが越えられない
取り組まない企業で表面化する深刻な影響
自らパーパスを問い、やるべきことを導き出す
「ESG投資」を開始する前に知っておくべきこと
キユーピーや東急などが関連事業を本格化
実践すると会社のスタイルは様変わりする
取引先や金融機関が情報開示を要求する動き
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内