有料会員限定

独自評価!「SDGs企業ランキング」トップ500社 ESG+Hの非財務情報から評価、トップはオムロン

印刷
A
A

SDGs(持続可能な開発目標)を積極的に推進している会社はどこか。企業のSDGsの達成度をESG+Hの非財務情報から可視化した。

ESG+HでSDGs企業の達成度をランキング形式で作成 (画像:K@zuTa/PIXTA)

特集「ニッポンのSDGs & ESG」の他の記事を読む

SDGs(持続可能な開発目標)を積極的に推進している会社はどこか――。

SDGsとは、貧困、ジェンダー、環境、衛生、サプライチェーンといった社会課題の解決を2030年までに達成するために、国連が2015年に採択した目標だ。17の目標と169のターゲットで構成されており、多くの企業では、サステナビリティ(持続可能性)の具体的な項目として使われている。

SDGsをアピールに使っている企業も散見

ただ現状は、自社が行っている活動を17の目標に当てはめ、アピールに使っているケースが目立つ。SDGsで求められるのは、多くの社会課題にさまざまな力を結集して解決していくことだ。とくに企業には本業を含めた活動で社会を変えていく役割が期待される。

各目標を見ると環境分野などでビジネスとして展開が期待される内容がある一方、企業に大きな負担を強いることになりそうなものも多い。SDGsの広がりで、社会から企業の社会的責任としてさまざまな義務を課せられ、その枠の中でビジネスを行わなければならないという流れが強まっている。

そうした時代背景のなか、東洋経済新報社では、「東洋経済CSR調査」で収集している非財務情報から、日本企業のSDGsの取り組みへの評価を昨年から行っている。これまで培ってきたCSR(企業の社会的責任)評価をベースとして、SDGsの達成度を可視化した。

ESG(環境・社会・企業統治)を基本とし、企業の基盤である人材活用(H)を中心に捉えた「ESG+H」の枠組みでデータを選定。数値面の評価基準はより細かく分け、社会課題の視点も強化。初めて算出した2021年版の評価の仕組みをさらに改良し、「SDGs企業ランキング」2022年版として作成している。

結果を見ていこう。ランキング1位は2年連続でオムロンとなった。分野別は環境、社会性、企業統治が1位。人材活用は72位と若干低いものの総合力で2年連続のトップとなっている。

次ページ続いて51~100位
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ニッポンのSDGs & ESG
ESG+Hの非財務情報から評価、トップはオムロン
少ない温室効果ガスでより多く利益を出す会社
自然保護の取り組みを評価、1位は信越化学工業
企業も男性の育休取得推進へ取り組み強化
トップのトヨタ自動車は断トツの187億円を支出
不正防止へ、内部通報機能の強化が重要だ
ジェンダー平等など6つの目標で「深刻な課題」
今年の夏休みは子供と一緒に挑戦してみよう
歴史、考え方、関係性まで一目でわかる!
ビジネスや就活の現場で使うことができる!
運用方針や運用実績などを丁寧な確認が不可欠
リスク管理に不可欠な要素がつまっている
人権とジェンダーのハードルが越えられない
取り組まない企業で表面化する深刻な影響
自らパーパスを問い、やるべきことを導き出す
「ESG投資」を開始する前に知っておくべきこと
SDGsの実行で新たなビジネスチャンスを創出せよ
キユーピーや東急などが関連事業を本格化
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内