世界の「SDGs&ESG先進企業」ランキングトップ50 「世界で最も持続可能な100社」に日本は3社選定

印刷
A
A
ダボス会議で発表される「Global 100 Index」は、世界の企業の持続可能性を評価するランキングとして高い評価を得ている。最新版の結果とは? (画像:Getty Images)

世界的に先進的なSDGs(持続可能な開発目標)企業を知るにはどうすればよいか。それに役立つのが、2002年から世界経済フォーラム(ダボス会議)で発表されている「世界で最も持続可能な100社(Global 100 Index)」だ。

デンマーク企業が急伸

カナダの出版社、コーポレートナイツ社が選定していて、売上高10億ドル以上の上場企業約7000社を対象に、環境、社会、リスクマネジメント、ガバナンスの状況について24の項目で評価し、上位100社を公表する。企業の持続可能性について評価するという点で、世界的にも有数なランキングであり、注目度は高い。

週刊東洋経済 2022年7/30号 [雑誌]
『週刊東洋経済 2022年7/30号 [雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙はこちら電子版はこちら

気になる今回の結果だが、トップ2を飾ったのは、デンマークの会社。1位は風力発電を手がけるベスタス・ウィンド・システムズ、2位はバイオテクノロジーのクリスチャン・ハンセン・ホールディングス(HD)。2021年のランキングではともに20位台だったが、大きく順位を上げた格好だ。どういった点が評価されたのか。

例えばベスタスは風力発電機の世界的なメーカーで、欧米を中心にグローバルに事業を展開。今回のランキングで唯一、総合評価A+を獲得している。同社ではサステナビリティ実績をサプライヤーネットワークも含めたバリューチェーン全体の主要優先事項として確立。

資源循環ロードマップとガバナンス体制を公表し、CО2排出削減目標についてもパリ協定で合意した、産業革命前からの気温上昇を1.5度以内にする目標と整合性があることを、Science Based Targets(科学的根拠に基づく目標)イニシアチブにより確認している。

次ページ存在感薄い日本企業
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT