「女性部長の比率が高い会社」ランキングTOP50

女性活躍を推進する日本の上場企業の実態

女性部長の比率が高い会社はどのような取り組みをしているのか(写真:y.uemura/PIXTA)

女性活躍推進が進む中、女性課長は多くの場でお目にかかることも増えてきた。では、その上の部長クラスはどうなのか。今回は最新の『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2022年版(基本的にデータは2021年時点)掲載データを使用して女性部長比率と部長数のランキングをそれぞれ50位までご紹介する。

なお、『CSR企業白書』2022年版(2022年4月発行予定)では400位まで掲載予定なのでこちらも参考にしてほしい。

女性部長比率1位はABC Cooking Studio

まずは女性部長比率ランキング。1位は東京を中心に国内外で料理教室を展開しているABC Cooking Studioで95.0%(女性部長19人、以下同)。従業員数も1032人中、女性が997人で女性比率は96.6%と高い。女性管理職比率も97.1%と高く、女性活躍が進む会社と言えそうだ。

『CSR企業総覧2022年版(雇用・人材活用編)』(東洋経済新報社)は11月29日発売。書影をクリックすると販売サイトへジャンプします

2位は75.0%(3人)でポピンズホールディングス。働く女性の支援目的にベビーシッターと介護の在宅サービス、保育所等運営のエデュケアを展開する。執行役員を含む女性役員数は4人で女性役員比率も26.7%と高い水準を誇る。

3位はシーボン(2020年時点)、ASIAN STARの2社が66.7%、人数はいずれも4人で並んだ。

以下、5位スタジオアリス60.0%(18人)、6位富士ソフトサービスビューロ53.8%(7人)、7位アイリックコーポレーション50.0%(6人)と続く。部長数が最も多かったのは23位パソナグループの59人(29.1%)。18位ニチイ学館39人(32.0%)、19位ベネッセホールディングス38人(31.9%)が続く。

次ページ女性部長数ランキングで1位は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT