医師が警告!急増「社会的時差ボケ」の根深い問題 健診でも放置されるケースがほとんどな理由

拡大
縮小
リモートワークによって増えた「社会的時差ボケ」はかなり大きな問題だ(写真:maruco/Getty Images Plus)
コロナ禍をきっかけにリモートワークが増えるなか、心身のストレスにより調子を崩す人が増え続けています。最先端の医学研究を行いつつ、そこで得た知見を診察や治療にも応用している根来秀行教授は、未病段階での「気づき」こそが大切だといいます。
深刻なメンタルヘルス不調に陥る前に、ささやかな日々の行動を変えることでコンディションを整える術とは? 『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来が教える ストレス リセット呼吸術』から、一部抜粋・再構築してお届けします。

仕事環境の変化により心身のストレスが蓄積

リモートワークの定着により、リアルでの人との接点が減るなど、働く環境や行動は大きく変化しました。

私の外来にいらっしゃる方々も、「通勤がなくなった分、時間のやりくりがラクになったというより、むしろ、つねに何かに追われている感覚がつきまとっている」とか、「時間配分が自由になった反面、朝食を抜く、間食が増える、食事の時間がバラバラなど、むしろ不規則になった」という人、さらには、「デジタルデバイスと向き合う時間が大幅に増えて、睡眠時間がどんどん後ろにずれ込んでしまう」と訴えられるケースが増えてきました。

ひとつひとつはささいなことのようですが、この小さな生活リズムの乱れの蓄積は、想像以上に大きなダメージを生み出します。本人はなんとか新しい環境に適応しているつもりでも、心身がついていっていないのです。

しかも、多少の不調はあっても「病気」ともいえず、健診でも特には異常がないために放置されているケースがほとんどです。

次ページ遺伝子レベルの「体内の時間割」がズレてしまう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT