「遺体画像」を見せる授業、なぜ問題なのか

教師は年齢に応じた許容範囲を認識すべき

各地で反イスラム国デモが起こる中、教育の現場では……(写真:Duits.co/アフロ)

名古屋市の市立小学校で、20代の女性教諭が授業中、過激派組織「イスラム国」に殺害された日本人男性とみられる「遺体画像」を児童に見せていたことがわかり、問題となっている。市教育委員会は2月5日、「不適切だった」と謝罪した。

市教委によると、教諭は2月3日、5年生の社会科の授業で、人質となった湯川遥菜さんとみられる男性の遺体写真の画像と、後藤健二さんとみられる男性が、覆面姿の人物の隣でひざまづく画像の計2枚を見せた。

子どもに見せるのは、なぜ不適切?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

画像は、「イスラム国」が公開したとみられる動画を切り取ったもので、ぼかしなどの修正はされていなかった。教諭が事前に「見たくない人は見なくていい」と話したところ、児童35人のうち3~5人が顔を伏せたという。

教諭は、報道のあり方や命の大切さを考えさせるために画像を見せたと説明しているという。市教委は「今後、同校に指導する」と説明。校長は「子どもに見せたのは不適切だった」と話しているそうだ。

子どもの教育にくわしい専門家は、今回の件をどう見るのか。学習塾での勤務経験があり、教育問題にくわしい多田猛弁護士と、子どものいじめや自殺問題について精力的に取材しているフリーライターの渋井哲也氏に意見を聞いた。

次ページ両氏は何を語る?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。