ジム・ロジャーズ「ついにバブルは終了するのか」 野球の試合なら「今は最終回に入った局面」

印刷
A
A
著名投資家のジム・ロジャーズ氏は「野球に例えれば、バブルは最終回に入った局面」と言う(写真:Luxpho (Takao Hara) )

シンガポール在住、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。

2年以上にわたるコロナ禍とロシアによるウクライナへの侵攻によって、世界が不安に包まれています。食料やエネルギー価格は高騰を続け、日本でもガソリン価格や電気代が上昇、電力も逼迫しています。また、長期にわたって上昇してきたアメリカの株式市場に対する不安も高まっています。急激な円安に対する不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

野球の試合にたとえれば、今は「最終回」

そんな中、世界的投資家として知られ、主にお金の流れを読むことで数多くの予測を的中させてきたジム・ロジャーズ氏に2021年10月から2022年5月まで、数カ月にわたってシンガポールの自宅でインタビューを行いました。

コロナショック直後の2020年5月に刊行した前著『ジム・ロジャーズ 大予測』では、ロジャーズ氏はラリー(上昇相場)の到来、商品相場のさらなる上昇、仮想通貨(暗号資産)への政府の規制、アメリカ経済の成長鈍化等を的中させるなど、世界経済やマーケットの潮流を的確に予測してきました。

『世界大異変:現実を直視し、どう行動するか』(東洋経済新報社、7月22日発売予定)。書影をクリックするとAmazonのサイトの購入ページにジャンプします。

今後の世界の経済、金融、マーケット、そして社会はどうなるのか。また、ロシアによるウクライナ侵攻は、長期的な国際政治や地政学的動向にどう影響するのかを『世界大異変:現実を直視し、どう行動するか』にまとめました。本コラムではその一部を紹介していきたいと思います。今回は「コロナ危機後のラリーの行方」についてお伝えします。

コロナ危機後のラリーの行方はどうなるのかをジム・ロジャーズ氏に聞いたところ、「野球の試合にたとえると、最終回に入っている」という表現が非常に興味深かったです。

「ゲームのスタートは2009~2010年の秋の最安値付近で、それがバブルの初回だった。その頃、ほとんどの投資家は相場に失望をしていて、安値で株を損切りし、二度と株の話をしたくないという空気に包まれていた」。

次ページ「バブルの試合」は、どんな終幕を迎えるのか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT