ロシアがヨーロッパではない「歴史的な根源」 西欧はいつからロシアに脅威を感じているのか

✎ 1〜 ✎ 79 ✎ 80 ✎ 81 ✎ 最新
印刷
A
A

このようにロシアが南方へと拡大してくると、ヨーロッパも放置しておくわけにはいかなくなります。アレクサンドル1世は1814年の4月、パリに、ナポレオンを撃退した勝者として入って来ます。

多くの西欧人は、ロシア人のような田舎者に西欧の都・パリを占領されることに怒りを覚えたと思います。フランス人は、それまでロシアなんて国に関心がなかったのですが、ここからは重要な国になります。脅威すら抱くことになったのです。

19世紀の前半からは、こうした「ロシア脅威論」が起こります。弱いと思っていたロシアがパリを占領する。やがて、メッテルニヒのウィーン会議によって、ロシアが大国として対峙するようになります。その後、ロシアはどんどん力を持つようになるのです。

この脅威について、ヨーロッパの人々は「東側から得体の知れない人々がやって来る」と語りました。これはのちに「イエローペリル(黄禍)」と呼ばれるものの始まりです。イエローペリルは、ロシアを〝タタールの末裔〞と考えるところから発しています。モンゴルの血が入っているということです。「日が昇る国」アジアとは、ロシアから東を指しています。一般的な外見の問題とは別に、ロシア人は非ヨーロッパ人とみなされたのです。

地理的な問題だけではない

「19世紀」でわかる世界史講義
『「19世紀」でわかる世界史講義』(日本実業出版社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

そう考えると、アジアという言葉の意味が、単に地理的なものではなく一種のイデオロギーの問題だということに気づきます。人種や文化というものは、むしろそう決め付けるイデオロギーであるということです。ヨーロッパに対する侵入者たちは、基本的にアジアということになります。

「ロシア人はアジア人」というのは、先ほどのタタールの末裔、モンゴルのイメージとロシアのイメージが重なり合っています。

コサックのイメージです。モラルのない非文化的で野蛮な人々というイメージは、ナポレオンを追撃したコサックに対してのイメージでした。

こうした東に対する脅威は相対的なもので、最も西にあるフランスから見ればドイツ以東はアジアで、ドイツから見ればポーランドがアジアになる。「アジア」が軽蔑のレッテルとして使われ始めたということになります。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT