日本の百年企業 朝日新聞編

日本の百年企業 朝日新聞編

創業・設立100年以上の老舗企業は、全国で2万社を超える(帝国データバンク調べ)。うち300年を超える企業はほぼ400社を数える。なぜ、長寿企業になれたのか。収録111社(新聞地域版連載)にほぼ共通するのは、信用に裏打ちされたのれんを守りつつ、「伝統とは革新の連続」として、さまざまな難題を乗り越えていく姿だ。

たとえば、京都の老舗といえば、その商いは仏具、和装品、食品、陶磁器、工芸品に決まっているように思えるが、手掛ける事業を時代の先端に衣替えした企業も少なくない。写真館から製版技術・電子回路基盤へ、仏具の金銀箔から電子機器の金属箔へ、織物から内装材へなど、新たな挑戦で事業継承を続ける。

長寿企業にはいずれも、優れた技術を生み出したエピソードや独特のノウハウを培った社風があり、かつ行き詰まりの危機を打開した人間ドラマがある。それを第一線記者が生き生きとまとめてみせる。

朝日新聞出版 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。