錯覚の科学 C・チャブリス、D・シモンズ 著/木村博江訳

錯覚の科学 C・チャブリス、D・シモンズ 著/木村博江訳

見えていたのに見落とす。記憶していることを即事実と思い込む。俗説や正義や欲が生む陥穽……。人はなぜ錯覚から逃れられないのか。人間の注意力や記憶力、知識はいかに頼りないかを事件や実験や日常性における多くの実例で示されると、誰もが自信喪失に陥るかもしれない。だが、その自信こそ大いに曲者であって自分はよくわかっていると思い込むのは最悪の危険だと知ればますます戸惑うが、人間の脳というものの頼りなさ、心理というものの奥深さと恐ろしさを教えられて興趣は尽きない。

細部が鮮明で強い感情を伴う記憶は要注意だとか、相手の自信を能力の目安として見誤ることが多いなど、応用心理学の最先端がやさしく紹介される。「自己啓発のウソ」の章では、脳トレに励む人にとって衝撃的な事実が脳の機能論とともに詳述されて出色である。頭の体操が楽しめ、かつ実践的意味合いも強い。詳細で親切な参考文献と注釈も読ませる。(純)

文芸春秋 1650円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。