錯覚の科学 C・チャブリス、D・シモンズ 著/木村博江訳

錯覚の科学 C・チャブリス、D・シモンズ 著/木村博江訳

見えていたのに見落とす。記憶していることを即事実と思い込む。俗説や正義や欲が生む陥穽……。人はなぜ錯覚から逃れられないのか。人間の注意力や記憶力、知識はいかに頼りないかを事件や実験や日常性における多くの実例で示されると、誰もが自信喪失に陥るかもしれない。だが、その自信こそ大いに曲者であって自分はよくわかっていると思い込むのは最悪の危険だと知ればますます戸惑うが、人間の脳というものの頼りなさ、心理というものの奥深さと恐ろしさを教えられて興趣は尽きない。

細部が鮮明で強い感情を伴う記憶は要注意だとか、相手の自信を能力の目安として見誤ることが多いなど、応用心理学の最先端がやさしく紹介される。「自己啓発のウソ」の章では、脳トレに励む人にとって衝撃的な事実が脳の機能論とともに詳述されて出色である。頭の体操が楽しめ、かつ実践的意味合いも強い。詳細で親切な参考文献と注釈も読ませる。(純)

文芸春秋 1650円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT