キーエンス、"カリスマ会長"退任の影響度

平均年収1440万円、高収益体質を守れるか

平均年収の高さでも知られるキーエンス。FAセンサーなど計測制御機器の大手メーカーだ(写真は2014年10月に開催された展示会の様子)

「営業利益率50%」「社員の年収が日本一」――。各種生産設備向けFAセンサーなど計測制御機器の大手で、高収益企業の代表格としても知られるキーエンス。その創業者である滝崎武光会長が、会社設立40年目にして代表権を返上し、3月21日付で取締役名誉会長に退く。今後はグループ運営への助言やリーダー層の人材育成に従事するという。

滝崎氏は1972年にリード電機(現キーエンス)を創業し、1974年の株式会社改組により代表取締役社長に就任。2000年12月には当時、取締役でAPSULT事業部長を務めていた佐々木道夫氏(現取締役特別顧問)に社長の座を譲り、代表取締役会長に就いていた。

営業利益率は50%を超過

キーエンスは以前から利益率の高さで知られ、1987年の株式上場後はおおむね40%以上の営業利益率をたたき出してきた。特に2000年代に入ってからは、2004年3月期から2008年3月期まで5年にわたって営業利益率50%超を達成した。

その後、リーマンショックの余波で営業利益率は40%台に低下したが、今2015年3月期は7年ぶりに50%の大台に復帰する可能性が濃厚だ。また、特別損益や税金などを差し引いた後の純利益も、同社始まって以来となる1000億円の大台が迫っている。

同社の木村圭一・取締役経営情報室長は、こうした高収益の背景には「世界初・業界初など付加価値の高い新製品を出せる企画・開発力や、直販体制でコンサルティングセールスを行うことができる営業力、ファブレス(工場を持たず生産は委託)で自らは企画・開発に特化できることがある」と説明する。

次ページ退任発表で株価はどう動いた?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT