マイクロソフトからスゴイ端末が続々登場?

樋口社長が語る"CEO交代による急変"

――クラウドで預かっているデータ量が、「もう今はこのぐらいになっている」など、日本での順調ぶりを示す数字はありますか。

顧客数やデータ量などは公表しないポリシーです。ただAzureはかなりのキャパを作ったはずなのに、危うくなったので夏から秋に掛けて増設を急いで進めました。キャパの余裕度という点では非常に厳格にやっており他社に比べてバッファが多いから、という背景もあります。いずれにしろ、それくらい順調に伸びているということです。

――オンプレミスで培った信頼性はサーバー側の強みだと思います。クライアント側にも多彩な端末が用意できるといいのですが、そこが弱いですよね。Surface以外の端末についても、早く日本に持ってくるべきでは?

ありがたいことに、Windows Phoneを早くほしいという声が非常に大きい。ご要望として大きいので、お答えできるように考えなきゃいけないなと思っています。

――リストバンドなどのウエアラブルデバイスもある。米国だけでなく、日本でも展開するといいと思うのですが。

開発自体がクラウドでの活用を前提にやっていますので、基本的には同じものを1つ作れば、およそどこの国でも売れます。そういう意味では、世界ほぼ同時という考え方で進めることが可能です。

今年は、新しい端末が続々と出てくる

――マイクロソフトのコンセプトを体現するために、北米では直営店を運営しています。

日本では、パートナーの量販店にショップインショップで展開しています。それを広げていくという考え方でやってきました。

北米では直営店を展開している。ベルビュー市内の店舗内の様子

――銀座や表参道でアップルの店の目の前に出したらどうでしょうか。日本でもやりましょう。

そうですね。やりたいなとは思っています。もし、やるとすればPhoneが出てからですね。

デバイスということでは、アップルさんは少しイノベーションが停滞した、と言われますが、われわれは、まだまだいいものを出していきます。今年も、続々と新しいものが出てきます。おそらく、これまでとは、ちょっと流れが変わってくると思いますよ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング