「子育てがしんどい」親自身に必要な3つのバリア 不登校の子の親にも伝えたい3つのこと

印刷
A
A
不登校の子どもの支えとなる、親御さんに実践してほしい3つの「ため」(写真:78create/PIXTA)
不登校のわが子に対し、親は何ができるのか。不登校の子の親にとって、誰もが気になることです。個別の具体的な方法を考えることも大切ですが、その前に親御さんに実践していただきたいことがあります。
それは親の「ため」を厚くするということです。なぜなら、子どもと向き合う際には「子どもを支える親の支えを増やすこと」は欠かせないからです。親を支えてくれ、時としてバリアの役目も果たしてくれる親の「ため」について、今回は3つご紹介します(※画像はイメージです)。

子どもの支えとなる親も支えられていることが重要

不登校の親にできることは何か。取材先でもよく話題にのぼり、また講演会などの質疑応答でも聞かれるテーマです。これについて、私からお伝えしたいことがあります。親の「ため」を厚くしてほしいということです。個別の具体的な対応を考える前に、子どもを支える親自身の土台部分をしっかりさせることが重要だと私は考えています。

当記事は不登校新聞の提供記事です

「親が変われば子どもも変わる」とよく言われます。実際、私が取材してきた15年間をふり返っても、親の一言で気持ちが楽になったという不登校経験者の話をよく聞きました。だからこそ、子どもの支えとなる親自身が多方面で支えられていることが重要だと考えています。

そもそも、親の「ため」とは何か。これは親のまわりを覆うバリアのようなものをイメージしていただければと思います。不登校の子どもを持つ親にとって、学校、親せき、ご近所づきあいなど、さまざまなやりとりがあります。ときに「あなたの子育てがよくなかったんじゃないか」と、心ないことを言われることもあります。そういうことがあるたび、親自身は傷つき、気持ちも揺れてしまいます。そんなとき、親のまわりにバリアがあれば、ダメージはゼロにできなくとも、最小限に抑えることができます。それゆえ、バリアとなる親の「ため」は厚ければ厚いに越したことはありません。

次ページ親を守るバリア 3つの「ため」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT