日本の格付け見通しを「ネガティブ」に変更した理由《ムーディーズの業界分析》


将来の格付アクションにつながる要因

日本の非常に規模が大きい経済と、非常に厚みのある金融市場は、経済に対するショックを吸収する基盤をなしている。しかし、政府債務の大幅な増大から、財政再建軌道に戻さない限り、突如、予測不能な形でリスクが生じる可能性が高まる。格下げを決定づける要因としては以下が考えられる。

1. 短期的に、政府が財政赤字の削減につながるような包括的な税制改革を実行できない場合、あるいは効果の薄い政策をとることで行動を無期限に先送りした場合。
 2. 長期的に、国内金融資産を上回る政府のリファイナンスニーズが生じた場合、あるいは対外収支の経常黒字が赤字に転じ、政府が外国資本に依存せざるを得なくなり、政府の資金調達コストが諸外国の国債市場と同程度まで上昇した場合。これらのリスクは格付けにより大きな影響を及ぼす。

図表1

[+]画像拡大

図表2

[+]画像拡大

図表3

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。