燃油サーチャージも「狂乱的な値上げ」回避する技 「マイレージ」で予約をとる際は注意が必要

拡大
縮小

2022年8月上旬の東京からバンコク往復のJALビジネスクラス特典航空券で比較してみたい。

■アラスカ航空マイレージプランで予約・発券
往復50000マイル(片道25000マイル)+諸経費約1万6000円(122.9ドル)

■日本航空JALマイレージバンクで予約・発券
往復80000マイル+燃油サーチャージを含む諸経費4万7160円

アラスカ航空のほうが、必要マイル数そのものが4割近く少ないうえ、諸経費も約3分の1にとどまっている。

複雑怪奇な特典航空券の燃油サーチャージ

ただし、話はそれほど単純ではない。たしかにアメリカ系航空会社のマイレージプログラムでは、特典航空券利用時に燃油サーチャージが課されないことが多い。だが、利用する提携航空会社によっては課されることもあるのだ。

他方、JALやANAのマイレージプログラムでも、利用する提携航空会社によっては、燃油サーチャージを課されない。

そこで、日本人がよく利用するマイレージプログラムにしぼり、日本発着の定期航空路がある航空会社のうち、燃油サーチャージが課されない、もしくは少額で済む会社のみをまとめてみた。

■JALマイレージバンク
マレーシア航空、スリランカ航空、エールフランス航空、フィンエアー、エミレーツ航空、カタール航空、アメリカン航空

■ANAマイレージクラブ
シンガポール航空、スカンジナビア航空、エアカナダ、ニュージーランド航空

■ユナイテッド航空マイレージプラス
ANA、シンガポール航空、タイ国際航空、エバー航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、スイス航空、トルコ航空、ユナイテッド航空、エアカナダ、ニュージーランド航空

■アメリカン航空アドバンテージ
JAL、キャセイパシフィック航空、カタール航空、エティハド航空、フィンランド航空、カンタス航空、アメリカン航空、ハワイアン航空、エアタヒチヌイ など

■デルタ航空スカイマイル
大韓航空、ベトナム航空、ガルーダインドネシア航空、デルタ航空、アエロメヒコ航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空

■アラスカ航空マイレージプラス
JAL、コリアンエアー、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、マレーシア航空、スリランカ航空、カタール航空、フィンエアー、アメリカン航空、カンタス航空、フィジーエアウェイズ、エアタヒチヌイ

特定の航空会社を頻繁に利用するような人なら、どのプログラムにすればサーチャージが課されないのかをあらかじめチェックして、そのプログラムに貯めていく選択肢もある。 

次ページ出発国で異なるサーチャージ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT