ドコモ、「セット割引」で起死回生図れるか

紆余曲折経てようやく3月から販売開始

 加藤社長は、セット割引が反転攻勢のきっかけになるのかとの問いに対して、「社内的にも鼓舞している。アップルのiPhoneと新料金プラン、光回線も含めてトータルでユーザーに利用していただきたい」と回答。まずは目前に迫る3月商戦で、どれだけ新規利用者を獲得できるのかに加えて、新サービスを足掛かりに既存客の来店を促し、端末やサービスの販売をどれだけ拡大できるかが、今後業績を回復するうえでのカギとなる。

来期も厳しさ続く

足元では厳しい状況が続いている。2015年3月期の営業利益は、音声通話収入に加え、端末割引費用の増加や新料金プラン導入の影響などで、前年同期比23%減の6300億円に沈む公算だ。来期についても、セット割引の負担が加わることで、一層厳しくなることも予想されるが、加藤社長は「減益になることはない」と断言。佐藤啓孝CFOも「新料金プラン導入時の反省を踏まえ、ユーザーが一気に変動するような設計にはしていない。あらゆる手段を考慮して業績を上向かせる」と説明した。

一方、サービス開始を前に懸念も残る。総務省は1月20日、光コラボについて、禁止行為などを例示したガイドライン案を公表している。1カ月間のパブリックコメント募集を経て、2月20日以降に最終的なガイドラインをまとめる方針だ。

ガイドラインについて、KDDIは「NTT東西に対する禁止行為については多くの例示があるが、ドコモに関する例示は不十分で不明確という印象。抜け道もあると考えられるので、追記を求めていく」(KDDI渉外部の岸田隆司氏)としている。ソフトバンクも「卸事業者の増加によって営業活動が過熱し、消費者問題化する懸念がある。具体的な手続きが始まる前にルール作りが必要」などと主張しており、何らかの制限が加わる可能性もありうる。

"悲願"とも言える、セット割引を始めることになったドコモだが、果して思い通りの船出をすることができるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。