有料会員限定

「就職率」がよい大学は?学部系統別ランキング 12の学部系統別でみる大学・学部の人材育成力

印刷
A
A

実就職率は大学の人材育成力を推し量る1つの指標だ。学問系統別のランキングで実就職率が高い大学・学部を探る。

経済、経営、商学系でランキング2位となった東京都市大学(撮影:今祥雄)

特集「本当に強い大学」の他の記事を読む

企業の採用担当者は、学部名を見て選考を行うことはないという。しかし、学部系統別の平均実就職率を見ると、その差は意外に大きい。大区分で見ると、2021年3月卒の平均実就職率が最も高いのは看護・保健・医療系で91.7%。最も低い81.6%の文・人文・外国語系とは、10.1%の差がある。

より細かい区分で学部系統別の実就職率(就職者数÷<卒業生数-大学院進学者数>×100で算出)ランキングを見ると、「法学、政治・政策」は、社会科学系の中で平均実就職率が83.3%と低い系統。法曹や公務員の志望者が多く、資格試験浪人が少なくないことが就職率が上がらない一因となっている。ランキングのトップは大和大学・政治経済で、以下、常葉大学・法愛知大学・地域政策となった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内