有料会員限定

全国300塾が教える「首都圏」中堅大学の勢力図 MARCHや国公立大学に対抗できるところもある

印刷
A
A

特定分野に強みがあったり、評価が上昇中であったりする中堅大学を、全国300塾の塾長・職員からの聞き取りを基に公開。主な中堅大学113大学の勢力図をエリア別に作成。首都圏の勢力図を解説する。

教員養成に強い文教大学の東京あだちキャンパス

特集「本当に強い大学」の他の記事を読む

お薦めの中堅大学とその特徴が知りたいです。偏差値ではまったくわからなくて──。

これは、筆者がこれまで全国の学習塾・予備校を約3000件取材していちばん多かった質問だ。

実は、受験の最前線にいる塾関係者にさえ、あまり知られていない、謎めいた存在が中堅大学なのである。

まず、その代表格となる大学群とはどこだろうか。

一般的には、首都圏の日東駒専(日本大東洋大駒澤大専修大)、大東亜帝国(大東文化大東海大亜細亜大帝京大国士舘大)。関西地区(勢力図はこちら)の産近甲龍(京都産業大近畿大甲南大龍谷大)、摂神追桃(摂南大神戸学院大追手門学院大桃山学院大)、の4つの大学群を指す。これらの大学は偏差値が40後半から60前後である(医学部を除く)。

113大学の勢力図をエリア別に作成

一方、これら4つの大学群以外の地域に目を向けると、4つの中堅大学群と同等か、それ以上の評価の中堅大学が多数存在していることがわかる。

そこで今回、全国300の学習塾塾長、職員からの約2年にわたる聞き取り(中堅大学の具体的な大学名とその理由、イメージ、特徴、看板学部、就職状況など合計15項目の質問)を基に、主な中堅大学113大学の勢力図をエリア別に作成した。

調査の結果わかったのは、評価の高い中堅大学の多くは、主に特定の学部(看板学部)のパワーの強さが大きく影響していたことだ。そこに近年は共学化やキャンパス移転などの要因が加わり、さらに評価を上げる大学が多かった。

首都圏は、日東駒専大東亜帝国といわれる2つの大学群が核となっている(次ページ図を参照)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内