白洲家としきたり 白洲信哉著

白洲家としきたり 白洲信哉著

「初日の出は歳神様が現れる信仰に由来」「七草は正月の馳走に疲れた胃を休め、冬場に不足する青葉を補う『解毒』」「彼岸はサンスクリット語の『波羅蜜多(はらみった)』、現世の苦しみを修行によって克服した悟りの境地」「稲は神聖化され、田植えでは身を清めてきた」「盂蘭盆会(うらぼんえ)はサンスクリット語の『ウランバナ』(逆懸(さかさづり))、母を救った故事が始まり」

今も日本に残る「34のしきたり」と「季節の食」を、四季折々の写真とともに紹介しながら、日本人の「心のかたち」を問い直す。

白洲次郎と、その妻で随筆家の正子を父方の祖父母に、文芸評論家の小林秀雄を母方の祖父に持つ著者だからこそ語れる、知られざるエピソードも豊富に織り込む。

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。