白洲家としきたり 白洲信哉著

白洲家としきたり 白洲信哉著

「初日の出は歳神様が現れる信仰に由来」「七草は正月の馳走に疲れた胃を休め、冬場に不足する青葉を補う『解毒』」「彼岸はサンスクリット語の『波羅蜜多(はらみった)』、現世の苦しみを修行によって克服した悟りの境地」「稲は神聖化され、田植えでは身を清めてきた」「盂蘭盆会(うらぼんえ)はサンスクリット語の『ウランバナ』(逆懸(さかさづり))、母を救った故事が始まり」

今も日本に残る「34のしきたり」と「季節の食」を、四季折々の写真とともに紹介しながら、日本人の「心のかたち」を問い直す。

白洲次郎と、その妻で随筆家の正子を父方の祖父母に、文芸評論家の小林秀雄を母方の祖父に持つ著者だからこそ語れる、知られざるエピソードも豊富に織り込む。

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。