白洲家としきたり 白洲信哉著

白洲家としきたり 白洲信哉著

「初日の出は歳神様が現れる信仰に由来」「七草は正月の馳走に疲れた胃を休め、冬場に不足する青葉を補う『解毒』」「彼岸はサンスクリット語の『波羅蜜多(はらみった)』、現世の苦しみを修行によって克服した悟りの境地」「稲は神聖化され、田植えでは身を清めてきた」「盂蘭盆会(うらぼんえ)はサンスクリット語の『ウランバナ』(逆懸(さかさづり))、母を救った故事が始まり」

今も日本に残る「34のしきたり」と「季節の食」を、四季折々の写真とともに紹介しながら、日本人の「心のかたち」を問い直す。

白洲次郎と、その妻で随筆家の正子を父方の祖父母に、文芸評論家の小林秀雄を母方の祖父に持つ著者だからこそ語れる、知られざるエピソードも豊富に織り込む。

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?