経済学的思考のすすめ 岩田規久男著

経済学的思考のすすめ 岩田規久男著

経済にはさまざまな要因が絡み合っていることはわかっていても、シンプルに早わかりで理解したい欲求にとかく駆られる。しかし、それも「間違い思考」であったら元も子もない。たとえば、たまたまの相関関係にすぎないものを、因果関係として説明しがちなのもその一つだろう。

本書では、経済学はもともと演繹法を用いて思考し、それがさまざまな分野、局面で活用できることを、実例を挙げて解説する。そして、枚挙例示や類推による帰納法での解釈がまかり通ることに警鐘を鳴らす。

たとえば国の借金を家計の借金に例えて説明する議論。その間違いを「仮定、命題、検証」を繰り返しながら、演繹法でかみ砕いて解説する。財政赤字に対する理解を「入り口」で間違えると、経済政策や制度変更において大いなる間違いに結び付くからだ。

本書は、カレントなテーマで「仮説の体系」である経済学における科学的思考を訓練するのに役立つ。

筑摩選書 1575円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。