CSR企業ランキング・トップ500-“信頼される会社”は首位トヨタ、2位ソニー…

CSR企業ランキング・トップ500-“信頼される会社”は首位トヨタ、2位ソニー…

「信頼される会社」はどこか。CSR(企業の社会的責任)への取り組みと財務データを基に、東洋経済新報社が毎年発表しているCSR企業ランキング。5回目の今回は昨年まで2年連続2位だったトヨタ自動車が初のトップを獲得した。

同社は環境への取り組みと財務力がともにトップクラスであることが強みであるが、これに加え今回は企業統治+社会性が92.5点と高得点だった。一方、雇用は87.3点にとどまった。特に女性社員登用比率では女性役員はゼロ。部長職は0.2%など低さが際立っている。これまではこうしたマイナス面も高い財務得点でカバーできた。ただしこの数年、同社の利益率は大幅に低下している。財務評価は3年平均の数字を使うため、リーマンショック後の業績が対象となる来年以降は、財務得点が下がると予想される。

2位は、昨年8位から上昇したソニー。雇用2位、環境9位、企業統治+社会性5位と各部門ともバランスよく高得点となった。
 雇用や企業統治+社会性はトヨタを上回るが、2年連続最終赤字で財務得点がトヨタに見劣りし、あと一歩トップに届かった。
 
3位は昨年トップのパナソニック。環境9位、企業統治+社会性2位と個別分野の評価は高い。だが、上位2社に比べると各得点とも昨年より得点の上積みが少なかったため、トップを譲ることとなった。

今回大きく順位を上げたのはホンダ(21位→5位)、富士通(18位→7位)、三菱電機(25位→12位)、三菱商事(28位→16位)、三菱重工業(59位→21位)など。電機、自動車など環境で高得点のついている業種の躍進が目立つ。

製造業以外では総合商社の健闘が目立った。三菱商事が商社として初めて20位以内に入った。雇用が昨年の79.2点から87.3点にアップしたことが大きく寄与した。三井物産も43位から23位へ大きくランクアップ。製造業が上位を占めるなか、今後も高順位が期待できる業種と言えそうだ。

昨年は社会的責任の国際規格であるISO26000が発行され、CSRは新しい局面に入っている。人権に対する規定など日本企業にとっては新たな課題も求められている。今後はこれらへの取り組みも本ランキングに大きく影響してくるだろう。
(岸本吉浩=東洋経済 財務・企業評価チーム)

■総合ランキング トップ500社--2ページ
■項目別評点--3ページ
※ランキングの見方--4ページ

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT