「モラハラ」で離婚成立、実際の可能性は?

女性弁護士に聞く、裁判での判断基準

離婚裁判の行方が気になります

なんでもないような事が幸せ……ではなかった――。「年の差婚」の夫婦として知られる女優の三船美佳さん(32)とロックバンド「THE 虎舞竜」の高橋ジョージさん(56)が離婚に向けて係争中だ。

スポーツニッポンによると、2人は一昨年末から別居。離婚調停が決裂し、三船さんが離婚を求めて提訴した。三船さんは周囲に「夫から離れて、自分の足で歩いてみたい」と話しているという。一方で、高橋さんは「もう1回夫婦としてやり直したい」と未練があるようだ。

「モラルハラスメント」→「即離婚」にはならない

三船さんが離婚を決意した理由は明らかになっていないが、スポニチは、高橋さんが在宅中、三船さんには「外出禁止令」が出されていたと報じている。さらに、三船さんは連日のように、高橋さんから「お前は人間として生きていく価値がない」などと、人格を否定するような言葉も浴びせられていたのだという。

だが、これらの報道について、高橋さんは「外出禁止令」や「人格否定発言」はなかったと否定している。今回の騒動について、離婚問題に詳しい弁護士はどう見ているのだろうか。佐々木未緒弁護士に聞いた。

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「今回報じられたような『外出禁止令』や『人格否定発言』を含めて、支配的・コントロール的な態度や言葉によって、精神的に配偶者を傷つける行為は、最近では『モラルハラスメント』(モラハラ)と言われています」

佐々木弁護士はこう切り出した。モラハラは「離婚の原因」になるのだろうか。

「モラハラは証明することが難しいですし、1回や2回、『外出禁止命令』や『人格否定発言』があっただけでは、ただちに離婚というわけにはいかないでしょう」

次ページ婚姻関係の「破綻」は何で判断される?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。